スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙高山 大吟醸 平成二十一年全国新酒鑑評会金賞受賞酒

 第251回目。
 「妙高山 大吟醸 平成二十一年全国新酒鑑評会金賞受賞酒」――新潟県の酒です。
 全国新酒鑑評会の金賞受賞酒になります!
 ちなみにここの会社では他に「越乃雪月花」と言う酒が有名ですね~
 値段は720mlで3,465円……少々お高いですが、金賞受賞酒としては結構お値打ちな気が。
 しかしこの酒の重要ポイントは値段ではなく、越淡麗の使用――私はこれでこの酒の購入を決めました。
 ……新しい酒米が評価されると、何となく嬉しい気がしますよね(笑)

(飲み始め:2009年08月27日)

 華やかな良い香り。派手ではなく綺麗な印象。
 何らかの花の香りに、和ナシ系の香りも若干?

 スッキリとした甘味が口いっぱいに広がり、続いて非常に柔らかい米の旨味がフワリ、優しい酸味が余韻を引き締め、引っかかるところが無いままスルスルと喉の奥へ。
 非常に綺麗な口当たりです。それでいてかなり柔らかい……
 これは文句なしに旨い!
 あー、飲みやすい!
 幾らでも飲めそうだー

 む、食べ物との相性も非常に良し!
 何にでも合いますね、これ。
 ……ちょっと愕然としました。素晴らしい…… 
 旨いなぁ……

 いやぁ、飲む度に何度も書いていますが、金賞受賞酒を含めた鑑評会出品酒の酒質は一般的な日本酒関連書籍に書いてある内容と大きく違ってきましたねー
 出品酒は華やかなだけで食べ物と合わせられない、と考えている方がいらっしゃいましたら、一度先入観無しに飲んでみることをお勧めいたします。
 それにアルコール添加が行われている酒ではありますが、この酒をデータ無しで渡されたとしたら、私にはアルコール添加の有無を判断出来る自信がありません。下手に造られた純米酒よりもよっぽどアルコール感が少ないですし。
 ……まあ、細かいことはどうでも良いとして、非常に良い酒でした!
 飲みやすいので飲み過ぎ注意!……私はもちろんバッチリと飲み過ぎました!(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 山田錦(麹)、越淡麗(掛)
 精米歩合 40%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.2
 製造年月 09.6.
 妙高酒造(株)


2009年08月28日追記――
 甘い香りとアルコールの香りが強く。
 花のような香りは消滅。

 味わいが少々濃く。
 柔らかく綺麗な口当たり……旨い。
 ただやはり初日の方がより綺麗な味わいでした。
 比べなければ文句無しの旨さなんですが……ううむ、勿体無いなぁ……


2009年08月29日追記――
 香りは少々弱く。

 甘味とアルコールの味わいが増加。口当たりはさらに濃く。
 しかしまだまだ十分綺麗。


2009年08月31日追記――
 甘い香り。

 口当たりにまだ軽快さはあるものの、次第に重たくなってきています。
 アルコールの味わいが増加し、舌触りにはわずかに引っかかる感触も。
 しかしまだまだ綺麗。
 単独で飲まなければそれほど粗は気にならないと思います。


2009年09月02日追記――
 む、瓶から注いだ瞬間に立ち上る香りは、結構開栓直後に近い感じですね……

 味わいは――前回の変化をそのまま推し進めた印象。
 口に含んだ瞬間の軽快さは衰えていませんが、味わいや口当たりなど、その他の面では結構粗が目立つように。
 大崩れはしていないものの、開栓直後と比べたらその差は歴然。
 最高の状態で味わいたいならば、開栓初日で飲みきるべきでしょう。
 初日は本当に旨いです!

 ……いつもの事ながら、つくづく私は勿体ない事をしていると思います。
 次に買ったとしたら絶対初日に飲みきるんだ……


1267234928_105.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 大吟醸 妙高酒造

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは~。

妙高山と聞くとわかりませんでしたが、越乃雪月花と聞くとわかりますね(笑

確かに一昔前の出品酒ってどれも化粧水のように香りがキツイだとか、YK35などと個性のなさを揶揄されたらしいですが・・・まぁその時代、ボクは未成年でしたけどね^^;

そう考えると結構良い時代に生まれたのかなぁ~なんて、ちょっと嬉しくなります。
越淡麗、これからの飛躍を期待したいですね~。

No title

全国新酒鑑評会金賞受賞酒は予算の関係で呑んだ事がありませ最近は出品酒の傾向も変わってきてると知り、呑んでみたい気持ちが強くなりました。
越淡麗のお酒は「山間」でしか呑んだ事がありませんが、非常に良い印象です。
これから注目の酒米ですね!!

No title

はじめまして(^_^)

勝手ですが勉強させて頂きました!
自分も日本酒好きでチビチビやっております。
また勉強に来ますので宜しくお願いします!

リンク貼ってもよろしいですか?
ご迷惑なら仰って下さい<(_ _)>

Re: No title

 知志さん、こんばんは~

 実は私も酒販店のサイトで越乃雪月花のページを見ていてこの酒を偶然発見しました(笑)
 今度は雪月花も飲んでみなければ……

 鑑評会批判は良く聞きますよね。私も本で読んだ知識がほとんどなのですが。
 しかし現在の鑑評会までも、そう言う内容に書いている本が多いことは、ちょっと問題ですよね……
 ……それはともかくとして、越淡麗には私も期待大、です!

Re: No title

 EXCITERさん、こんばんは。

 720mlで5,000円オーバーの受賞酒が多数あることを考えるとお買い得ではあると思うのですが、確かに気軽に手を出すにはちょっと躊躇う値段設定ですよね。
 ……ただ買って損はない、とだけは言っておきましょう!(笑)

 越淡麗は新潟県も大々的に推していますからね~
 しかし良い酒米なのに「淡麗」と言う名前で微妙に損をしていますよね……官能評価では「柔らかくてふくらみ」のある酒質を示すらしいので、どうして誤解を与えかねない名前をつけたのかが……
 ……まあ私は越淡麗大好きなんですけども!(笑)

Re: No title

 94キログラムさん、初めまして。

 いやいや、勉強などと肩肘張らずに気軽にいらっしゃってください(笑)
 ……ご期待に沿えるよう頑張ります。

 諸々の都合で相互リンクはお受けしていませんが、このブログへのリンクでしたらご自由にどうぞ!
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。