スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

而今 特別純米 九号酵母火入れ

 第258回目。
 「而今 特別純米 九号酵母火入れ」――三重県の酒です。
 初めて飲む而今の火入れ酒になります。(以前飲んだ物:その1その2)
 生酒は初日から結構ハッキリとした印象の味わいでしたが、今回の酒は初日と次の日でその表情をガラリと変えました。
 違う印象の酒を味わえて一粒で二度美味しい、そんな気分です(笑)
 ただ、もしかしたら飲むタイミングによっては、その評価が大きく変わってしまうかもしれませんね……
 ……細かいことはともかく、本文をどうぞ~

(飲み始め:2009年09月06日)

 柔らかい香り。米に若干もろみ、ヨーグルト系の香りも。

 ふっくらとした口当たり。わずかに炭酸を思わせるピリピリ感も良いアクセント。
 米の旨味と甘味、まろやかな酸味がじわり。
 後口には若干苦味。しかしこれも悪くない……
 んー、まったり。
 而今の火入れは初めて飲みますが、なかなかに良い味わいですね~
 温度が上がると、旨味がさらに立ってきます。アルコールの味わいも増加。
 さらにまったり。

 食べ物と合わせるなら少しでも甘味のある物と。
 逆に甘味の要素が無いと、濃い味の物でも甘味がぶつかりますね。
 ……合わせる合わせないはお好みで。

 ぬる燗――
 旨味と酸味が立ち上がります。
 若干アルコールの刺激感は増すものの、結構良い感じです。
 これは柔らかいな……

 熱燗――
 ぬる燗よりもさらに刺激感は増加。
 ただこれはこれで良い感じ!

 いやぁ、良いですねこの酒……全く温度帯を選びません。

 生酒のような、ある意味での分かりやすさはありませんが、まったりとした酒が好きな人にはこちらをお勧めしたいですね。
 やはり今一番上り調子の酒蔵……さすがの実力でした。

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 掛米:五百万石80%、山田錦麹米:20%
 精米歩合 60%
 アルコール分 16%
 日本酒度 ±0
 酸度 1.7
 アミノ酸度 1.4
 使用酵母 自社9号
 製造年月 21.06
 木屋正酒造(資)


2009年09月07日追記――
 香りの構成は余り変わらず。若干アルコールの香りが増加。

 酸味が増加し、全体的に味が濃く。
 相対的に甘味は弱く感じますが、初日よりも味わいが派手になった印象。
 これまた良い感じ。


2009年09月08日追記――
 若干旨味を感じさせる香りが強く。

 味わいも旨味が増加。旨味、甘味、酸味がギュッと。
 刺激感は消滅――炭酸だったのでしょうか?
 やっぱり初日より濃くて派手な感じです。
 うん、なかなかに旨い!


2009年09月10日追記――
 米に……何らかの新木の香り?

 む、若干酒質は軽快な方向にシフト?
 甘味、旨味、アルコールの味わいがパッと広がり、その後から酸味と若干の苦味が全体をを引き締める感じに。
 後口にはわずかに渋味も出現。
 綺麗さは若干減ってきましたが、味わいは崩れていません。


2009年09月12日追記――
 米にもろみの香り。

 酒質がまたさらに軽快になったような?
 若干増加したアルコールの味わいも影響している、かも?
 旨味、甘味、酸味が一体となってふわりと。
 後口には若干の渋味に苦味。ただそれほど気にはなりません。
 そして飲んでいる内に舌にわずかに引っかかる感触も出てきますが、これもまたそれほど気になる物ではなく、開栓後すぐと比較しなければ全く問題無し、ですねー

 うん、崩れませんね!
 この酒は更に置いてみても面白いかもしれません。
 良い酒でした~


1276415254_99.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 特別純米 木屋正酒造

コメント

非公開コメント

No title

kutataさん
おはようございます。
kutataさんの“良いお酒でした”認定がいただけて、嬉しいです。
今年から麹米に山田錦を使って、昨年より断然いいですね。
香りに「新木の香り」という表現が新鮮でした。どこかでパクらせて頂くかもしれません。(笑
最近愛用の ぽち~ん♪

No title

九号酵母の火入れは私も気にいった1本です。
開栓初日よりも2・3日経った方が、旨みが増した様に感じました。
4号瓶だったので3日目で無くなってしまいましたが、もう少し楽しみたかったな~って思ってます。

Re: No title

 酒呑親爺さん、こんにちは。

 いや~、良い酒でしたね~
 ……ただ、あの「良い酒でした」は良い酒であっても書かない場合があったりするので……適当ですみません。

 昨年よりも確実に良くなっていくのは良いですね!
 来年は更なる進化が?……楽しみです。

 新木……よくよく考えてみるとかなり曖昧な表現ですよねー
 何と言うか新緑では無く、そして生木ともまたちょっと違った感じで……あー、もしかしたら自分でも良くわかっていないのかもしれません(笑)
 もし使われるのであれば私の表現は気になさらず、酒呑親爺さんの考える「新木」でお願いします!

Re: No title

 EXCITERさん、こんにちは。

 良い酒だとどうしてもすぐに飲んでしまいますよね~
 私もブログをやっていなかったら、ここまで時間経過を見ようとは思わなかったかもしれません(笑)

No title

おはようございます~。

特純火入れは購入してすぐ開けちゃって、空けちゃったのも速かった記憶がございます(笑
それくらい旨く感動した酒ですが、ココまで寝かせたものも旨そうですね~。

特純らしくない純吟のような酒質で、普段吟醸・大吟醸しか狙っていない自分に、もっと純米・特純へ目を向けさせるきっかけとなったお酒でもございます。

にしても而今は火入れ上手いですよね~。
ぽち~ん♪

Re: No title

 知志さん、どうもこんばんは!

 開けるタイミングは難しいですよね。実際飲み比べてみないと違いが分からないと言うのもありますが……
 ……まあ、私の場合は単純に買いすぎて飲めないだけで、熟成しようと思って熟成している訳じゃないんですが(笑)

 高い酒はある意味旨くて当然、みたいな部分がありますけど、お手頃価格で旨い酒は良いですよね~

No title

今年は生はオール五百万石で火入れは麹:山田錦だったんですよねー。
工夫というか、いつも上を目指す姿勢が飲むときの期待感を高めます。

このお酒は口当たりやにおいに乳酸のニュアンスがややハッキリ感じられたものの、
それゆえに火入れでありながら自分も“まったり”感じました。
旨かったナー。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは。

 生と火入れで使用米が違うこともあるんですね……うーむ、面白いな。
 大事に取ってある酒もあるので、そちらを飲むのも楽しみです!
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。