スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅山流 葉月 純米吟醸生酒

 第263回目。
 「雅山流 葉月 純米吟醸生酒」――山形県の酒です。
 以前飲んだ大吟醸無濾過生詰に続いて、今回は純米吟醸の生酒になります。
 名前が葉月と言うことで、カテゴリ的には夏の酒になるのでしょうか?
 まあ、酒の名前に「夏」の文字が入っていないので、今回はセーフですよね!(?)
 ……
 それはともかくとして――
 味はもちろんですが、やっぱりこの会社の酒は見た目も綺麗で良いですね~
 ひやおろしにあたる酒も買ってきたので、こちらを飲むのもまた楽しみです。
 ……なんだか、最近同じ事ばかり言っている気がします(笑)

(飲み始め:2009年09月15日)

 柔らかく甘い香り。
 砂糖菓子のような香りに、若干クリーム系の香り?

 甘味が結構あるものの、口当たりはスッキリ、そして柔らかい。
 柔らかい甘味がふわり、旨味がじわり。
 飲み始めた時は結構軽快な印象でしたが、杯を重ねる内にじわーっと染み入る味わいに。
 ああ、良い味わいですね……

 味の薄い食べ物とは甘味が干渉。他の物とは結構相性良し。

 ぬる燗――
 旨味が強く。うん、柔らかいなー
 結構旨い気が。

 熱燗――
 全体的に味が濃く。

 ぬる燗が結構良い感じでしたね~……ちょっと意外でした(笑)
 冷やした状態で飲んだ後に、変化球としてぬる燗もアリかな?

 良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 出羽燦々100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 +3
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.3
 使用酵母 山形酵母
 製造年月 21.7.6
 (有)新藤酒造店


2009年09月16日追記――
 バナナ系の香りに若干のエステル香。

 旨味と酸味が増加。甘味が減少し、若干味わいはスッキリめに。
 穏やかな酒質……旨いなー
 これは完全に個人の好みでしょうが、私は初日よりも好きですねー


2009年09月17日追記――
 チョコバナナのような香り?

 口当たりまろやか。
 酸味、甘味、旨味がふっくらと一体に。
 柔らかいな~
 甘味と酸味がさらに穏やかに。
 これはかなり良いバランス!
 うん、旨いです。


2009年09月19日追記――
 アルコール入りチョコレートのような香り?

 旨味がさらに増加。バランスは前回の方が上だったかな?
 そして後口には若干苦味。
 しかし、まったりとして良い感じです。


2009年09月21日追記――
 それほど強くはないものの、チョコレートリキュールの原液のようにも思える香り。

 甘味、旨味、酸味が混ざり合い、そこへ軽めの苦味がアクセントを与えています。
 結構独特の味わいですが、なかなかに良い感じですね~
 香りの効果で若干チョコレートリキュール風味も?……これは気のせいかな?
 開栓直後とは全く違う味わいですが、これはこれでなかなかに旨いと思います!
 うん、良い酒でした!


1284610880_107.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 新藤酒造店

コメント

非公開コメント

No title

雅山流は、裏・雅山流の香華しか呑んだことありません。

というか、如月・翠月・葉月・極月・彩月・吟月・楓月・香華・楓華・月華・祥華・粋華といろいろあり過ぎて、どれが何なのか?親爺には理解不能なため、以来、手をだせずにいます。
(どういうカテゴリーがどの品名なのか?ご存知でしたらお教え下さい。。)
受講料ぽちりん。

No title

こんにちは~。

ボクが今日開ける予定のお酒が偶然にも同じ銘柄で驚きました。
感想を見る限り自分の好きそうな味わいのベクトルにありそうなので、スペックは違えど今から開栓が楽しみですね~!

ちなみに親爺殿同様、名称が多すぎてよくわからず今まで手を出し辛かったですね^^;

Re: No title

 酒呑親爺さん、こんにちは。

 確かに分かりづらいかもしれませんね。
 ちなみに酒呑親爺さんの例ですと「○月」が雅山流で、「○華」が裏雅山流ですね~
 ……と言うわけで色々と調べてみました(笑)
 まず、この雅山流の名前の由来ですが、仏教用語の「山流」(固定観念に捉われずに物事を考える大切さを説いた節)に、杜氏の新藤雅信氏の名前から「雅」の一文字をつけた物とのこと。
 そして雅山流のコンセプトには「近年忘れがちである『地酒』の意味を改めて考え直してみたとき『本物の地酒 人の求める酒』を目標に自社田で原料から一貫して生産してみようと言う発想」が根底にあるようです。
 なの雅山流の原料米には自社栽培の出羽燦々が用いられています。
 ちなみに裏雅山流に関しては、雅山流のコンセプトに囚われない酒と言うことで、さらに自由な発想の酒のようです。

 では、複雑な名前(○月など)に関して。
 これはどうやら、他の会社の酒が「しぼりたて」や「ひやおろし」などとつける所に、それぞれ固有名をつけているみたいですね。(明確にそうであるとの表記は発見出来ませんでしたが……)
 私が前回飲んだ「如月」や今回の「葉月」などはそのまま、その季節の酒であることを表しているようです。ちなみに次に飲む予定の「楓月」はカエデの月ということで、ひやおろしにあたる、のかな?
 他に季節感の無い名前もありますが、「極月」は雅山流シリーズ最高峰であるなど、ほのかにその命名理由が見えてきます。
 名前から色々と想像してみるのも楽しいのではないでしょうか?

 そして、裏雅山流の名前ですが、こちらは他の会社で「山田錦○%」「美山錦○%」などとつける所に固有名が、と言った感じのようです。
 ただ、雅山流ほどハッキリとした命名方法は無い、ような?
 ……酒販店で見つけたら裏ラベルをしっかりとご覧ください。

 と、まあそんな感じでした!
 ……今度酒販店に行ったら色々と聞いてみます。

Re: No title

 知志さん、こんにちは~

 ほう……もしかして「楓月」でしょうか?
 私も今度飲みます!……冬になる前には(笑)

ありがとうございました。

kutataさん
わざわざお調べいただき、かつ、ご丁寧な説明をいただき、本当にありがとうございました。

「○月」が雅山流で、「○華」が裏雅山流 ということに気づけば、漢字を睨めば(表の方は)ある程度推測が付きますね。
いや、大変お手数をおかけしました。
重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

Re: ありがとうございました。

 いやいや、私も気になりましたので問題無しです!(笑)
 酒呑親爺さんも難しい名前に囚われず今度是非。
 良い酒ですよ~

No title

「雅山流」は私も好きです!!
柔らかく、スッキリ。 癒し系ですね☆
地元にも取扱店がない時は、色々と呑んでみましたが、地元に取扱店が出来てからは、いつでも買える安心感の為か最近呑んでませんでした。
雅山流講座 非常に勉強になりました!!

Re: No title

 あー、いつでも買えるから、少し手が出なくなる……その気持ち分かります(笑)
 逆に言うと手に入りづらい物は是が非でも手に入れたくなると言うか……
 マニア心は複雑です(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。