スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋島 生もと純米 9号酵母

 第300回目。
 「鍋島 生もと純米 9号酵母」――佐賀県の酒です。
 気付けばもう300回目……早い物ですね。しかし今日も変わらず淡々と更新です!(笑)
 さて、本日も前回の更新に引き続き、鍋島の新しい試みである生もと造りの酒になります。
 ……では本文をば!

(飲み始め:2009年12月05日)

 ヨーグルトを思わせる香りに、何らかのフルーツ系の香り。

 おお、香りから想像していたよりもスッキリとしてますね~
 ハッキリとした酸味に、それを追いかける旨味。
 若干ピリピリとしたフレッシュ感もあり。
 第一印象には結構軽快な感じもありましたが、飲み進めていくとやはり生もとらしく腰の強いしっかりとした味わいです。
 うん、飲みやすい。
 日本酒度の差は甘辛よりも口当たりの濃さに現れている感じですね。
 ……若干精米歩合の差も出ているのでしょうか?
 前回の物と今回の物、どちらを旨く感じるかは完全に飲む人それぞれの好みだと思います。
 私は今日の印象だと今回の方が好きですね~
 ただ、濃厚な酒がお好きな方には前回の物の方が良いかも?

 食べ物と合わせるなら味の濃い物と。味の薄い物には甘味が干渉。

 いやぁ、良い酒です!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +6
 製造年月 H21.9
 富久千代酒造(有)


2009年12月06日追記――
 メロン系の香りが強く。

 しっかりとした味わいながらもやっぱり飲みやすいですね~
 若干初日より甘味が増加、そして柔らかく。
 含み香にはヨーグルト。
 うん、旨い。

 ぬる燗――
 若干アルコール感が増すものの、なかなかに良い味わいです。

 熱燗――
 酸味が少々尖ります。温めるなら温めすぎない方が旨いですね~


2009年12月07日追記――
 炭酸入りヨーグルトドリンクを思わせる香り?

 甘味がさらに増加。次第に味わいが濃くなってきている印象。
 甘味と酸味が渾然一体と。
 柔らかい味わい。


2009年12月09日追記――
 プレーンヨーグルトを思わせる香り。旨味と酸味を感じさせる香り。

 おお、甘味が柔らかい。
 酸味や旨味とのバランスが良い感じ。まったり。


2009年12月11日追記――
 香りは若干穏やかに、そして甘い香りが若干増加。

 ああ、穏やかだなぁ……
 旨味が増加し、酸味は若干控え目に。まったりとした味わい。
 おお、温度が少し上がってきたらさらに柔らかく!
 バランス的には僅かに前回に劣る気もしますが、今日の味わいも良いですね~
 熊本酵母とはまた違った変化ですがこれまた良い感じでした!

 ううむ、個人的にどちらが好きかを開栓一週間の印象で判断するならば、熊本酵母に軍配でしょうか?
 初日から数日間は断然9号酵母の方が好きなんですけどね~
 ただ、これはあくまで私個人の好みなのでご注意を……
 ……とにかくどちらも良い酒なのでお勧めです!(笑)


1355936803_94.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 富久千代酒造

コメント

非公開コメント

No title

300回おめでとうございます。

今期の鍋島はホント面白いのが飛び出してワクワクでしたー。
特A 山田錦の「しぼりたて」商戦への投入から始まって、生酛の2本立てとキましたね。

実はウチにもこの2本が出番&飲み比べを待っています。
レポを読むと、結構違いがあって面白そう。楽しみだなー。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは!

 いやぁ、ありがとうございます。
 考えてみれば当初想像していたよりも随分と早かったような……明らかに酒量が増えたことが原因ですね(笑)

 おお、山田錦のしぼりたての酒も去年からだったんですか!
 これは21BYにも期待大です!

 やっぱりこの2本は鍋島好きなら買ってしまいますよね(笑)
 私が出来なかった同時開栓の飲み比べを是非!

おめでとうございます。

遅ればせながら、300回おめでとうございます!
熊本酵母と9号酵母の差がよくわかならい親爺ですが、スペックを見ると日本酒度が、-7と+6で大きく違いますね。
明らかに、違いを狙って造られたのでしょうね
日本酒度は、お燗すると違いがわかりやすい?と言ってた方がいました。(親爺にはよくわかりませんでしたが。。)
これからも、500回、1000回と続くことを楽しみにしております。
ぽち~ん♪

No title

300回おめでとうございます。
「酒まみれー」を知ったのは半年前、コメント書き始めたのはは1ヶ月前。これからも色んな酒を紹介してください。

この酒の感想は皆さんと同じ、酵母で全然違うのか?です。

Re: おめでとうございます。

 酒呑親爺さん、こんばんは。

 ありがとうございます!……今後も続けられるよう体に気をつけます(笑)

 確かに協会9号酵母の別名は熊本酵母ですよね……あれ?
 もしかして実は同じ酵母で造りだけ変えている可能性も?
 ……だとしたら斜に構えた感じで面白いですね!ロックだ(笑)

 ほう、燗で違いが……
 燗を極めようとすると難易度が高そうですが、そちらもいつか挑戦してみたいですね~

Re: No title

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 今後も飲みまくりますよー(笑)

 さきほど気付いたようにもし酵母が同じだとしたら、この違いは完全に造りの差になるんでしょうね~
 まあ、それはともかくとして良い酒ですよ!

調べてみた

何か気に成ったので、調べてみたのですが、名古屋の酒店の
説明書きに拠ると、「9号酵母」の正式名は、「佐賀9号酵母」らしいです。
だとすると、前の「熊本酵母」は「佐賀9号酵母」の親と言う可能性が有る様で・・・・?。
だから、同じでは無いみたいです。
詳しい事まで解らないので、「富久千代酒造」に聞いて戴けばと言う半ば、丸投げですが。

Re: 調べてみた

 わざわざありがとうございます。

 確かに今見に行ってきたら酒泉洞堀一サイト上には佐賀九号酵母と書かれていました!
 しかし、普通に考えれば9号酵母と書いてあったら協会9号の事を指すのが当然なので……やはりロックな会社ですね(笑)
 そして同サイトによると使用米も辛口側が「佐賀の花」、甘口側が「西海134号」と異なる事が判明。
 生もとであることが共通点なだけで、造り自体もかなり変えているかもしれませんね。

No title

きもとで火入れなのでホントはもう少し寝かせるつもりでしたが、
つられてしまって開栓しちゃいました。

9号はメロ~ンな香りに旨みもある、そつなくバランスの良い純米、
熊本は酸が立ち、強い甘みにスモーキーな熟感もありインパクト大。
kutataさんのレポのとおりだなぁ。

ラベルを見たら精米も55と60ですな。
なぜか+6は機械打ち、-7は手書きです(笑。
酵母は頒布元(培養者)違いでしょう。

Re: No title

 どうもこんばんは!

 小心者なので他の方と感想が似ていると聞くとホッとします(笑)

 あ、確かに私もラベルの手書きは気になりました。
 ……一体どんなドラマが隠されているのでしょう?(笑)

 なるほど……培養した場所の違いというのもあるのか!
 しかしそれでもロックというか、面白い表現ですよね~
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。