スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅山流 楓月 純米大吟醸原酒 ひやおろし

 第304回目。
 「雅山流 楓月 純米大吟醸原酒 ひやおろし」――山形県の酒です。
 私の季節感無視は毎度のことなので横に置きまして――(以前飲んだ夏の酒の感想はこちら)
 ここの会社の酒はやっぱり良いですね~
 次は新酒を買うぞ!

(飲み始め:2009年12月14日)

 マスカットを思わせる綺麗な香り。うん、良い香りです。

 おお、フルーティ!
 口内に含むとパッと広がる甘味に酸味、そしてブドウ系の香り。
 その後ろから柔らかい旨味や若干の渋味と苦味がジワリ。
 うーん、旨い!
 これはワインよりもフレッシュなブドウを頬張っているかのような感覚に近いかも?
 火入れの酒なのに凄いです。これは原酒ならではの濃厚さが原因かな?
 この味わいなら日本酒初心者の方にもお勧めですね~

 食べ物との相性は可もなく不可もなく?
 甘味が強い割になかなか幅広く合わせられるものの、やはり味の薄い物には甘味が干渉。
 食中酒として使うかはお好みで。
 んー、濃い味の甘い物との相性は抜群!

 良い酒でした!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 出羽燦々100%使用
 精米歩合 50%
 アルコール度 17度以上18度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.4
 アミノ酸度 1.2
 製造年月 21.9.1
 (有)進藤酒造店


2009年12月15日追記――
 香りは若干弱く。甘い香り。

 味わいは若干穏やかに。
 旨味とアルコールの味わいが増加、甘味は若干減少。
 旨味、甘味、酸味、渋味、苦味。柔らかい味わい。
 若干クセは出てきたものの、なかなかに良い感じ。


2009年12月16日追記――
 香りはさらに穏やかに。

 若干アルコールの味わいが増加。
 酸味が柔らかいな~


2009年12月18日追記――
 若干ミルク系の香りが出現?

 甘味と酸味のバランスが良いですね。
 クセは増してきているものの穏やか。


2009年12月20日追記――
 ラムネを思わせる甘い香り。

 ハッキリとした甘味に絡みつくアルコールの味わい、酸味、苦味、渋味。
 後口には旨味がフワリ。
 口当たりには少々引きつる感じが出現し、苦味などのクセも強く。
 味わいそのものにそれほど崩れた感じはないものの、全体の印象としては結構クセが増した印象です。
 これは早めに飲んだ方が旨いと思います。結構今日も面白い印象なんですけども。


1363507782_104.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米大吟醸 進藤酒造店

コメント

非公開コメント

「雅山流」は正月に呑みました。
「裏・雅山流 香華」ですが。買った理由は値段ですが・・・。
でも、呑んだ父親や親戚は呑みやすかったと言ってたので、 この蔵元のレベルの高さを感じました。 あれからもう一年近く経つので、表の「雅山流」を呑まなければ。

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんにちは。
 親戚の方の評価よりも、ご自身はどう感じられました?

 私は逆に今度裏に挑戦してみます。

No title

>私の季節感無視は毎度のことなので横に置きまして
まだ「ひやおろし」は季節外れでないと思いますよ。
そればかりでなく、新酒と熟したのと一緒に楽しめる良い時期ですよね。

淡いピンクラベルのあの「薄にごり」出てきましたよ~。
自分はもう買いました。にごり好きのkutataさんも是非!

No title

感想は辛くはなくすっきりしてて、呑みやすいでしたね。
実は僕が呑んだ量はコップ一杯だけなんで・・・。それぐらいしか
の感想です。すいません。(殆どは父と親戚が呑んだ)
なので、今度こそは「表」でも「裏」でも(理想は表)の「雅山流」を
きっちりと呑みたいと思う次第です。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは!

 そう言っていただけると救われます(笑)
 ……ただ小心者なので秋を思わせる名前がついていると、秋に飲まないと申し訳ない気分に……まあ実際今も、別の露骨に秋の名前を冠した酒を飲んでいるんですが(笑)
 新酒も飲むぞ!

 「ピンクラベルの薄にごり」とな?
 おおお、初めて聞きました!気になります!
 これは探さねば!

Re: No title

 >エクスプロイダーさん

 少しの量だとしても、どんな味わいかを考えながら飲んでいくと、感覚が発達してきますよー
 ……まあ、純粋に酒を楽しむ際には余計な能力かもしれませんが(笑)

No title

もう秋じゃなくって冬な気もしますが、、、(笑)

誤解を招くといけないので補足です。
お勧めはレヴューNo「125」のお酒です。
この1月~2月にかけてのレヴューでは平成19BYのもの、
つまり丸一年以上、生で置いといたものを飲まれたようです。

なので、是非、平成21BYしぼりたて新酒を飲んでみて欲しいな、と。
生は特に飲むタイミングで印象変わりますよねー。

Re: No title

 おお、あの酒のことでしたか!
 ……確かにリベンジしたいですねー

 そして、ご指摘ありがとうございます。
 何だか前の酒から順番に飲まなければいけないような強迫観念に囚われてしまっていましたが、目が覚めた気分です。
 確かにこのブログでは新酒本来の魅力を全く伝えられていませんでした……
 よくよく考えてみれば、以前どこかで読んだ熟成至上主義な書籍(ネットかも?)の知識が、私の中に深く根を張ってしまっていたのかもしれません。
 今後は生酒ならなるべく早く飲んで、気に入ったらもう一本買って自家熟成させる、ぐらいの気持ちで臨もうと思います。

 とりあえず早速新酒を飲むぞ!(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。