スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄砲隊 爆発にごり 吟醸

 第318回目。
 「鉄砲隊 爆発にごり 吟醸」――和歌山県の酒です。
 ガツンと来る旨い活性にごり酒が飲みたい方にお勧めです!
 本文をどうぞ!

(飲み始め:2010年01月21日)

 取扱注意のシールと赤いテープで固定された蓋が怖いです(笑)
 しかし酒の黄金色が良い感じですね~
 43682842_3576304234.jpg

 さて……今回は千枚通しを使用せず、酒造会社の公式サイトに載っている特殊な開栓方法に挑戦してみようと思います。
 使用するのはスクリュータイプのワインオープナー。
 まずは瓶に巻かれていた付属のビニールシート(!?)を新聞紙の上に敷いて、オープナーの先端で蓋に軽く穴を……意外と硬い!
 43682842_1724558784.jpg
 ……何が起こるか分からないので、念のため千枚通しと木槌で上蓋に少しだけ穴を開けておきます。
 続きまして、その穴からオープナーをねじ込み――しばらく回すとシューと空気が抜けるような音がして、液面がジワジワと上昇。
 43682842_4101541329.jpg 43682842_2163284797.jpg
 そこでオープナーの位置を微調整――おお……本当に手を離しても大丈夫なんですね。
 という訳でこのまましばらく様子を見ます。

 あ、ここで一つ注意事項が。
 オープナーの位置取りが決まったら、最初の内は余りそこから動かし過ぎない方が良さそうです。
 微妙に穴の形が不安定だったのか、とっさに深く差し込んでも液面の上昇が止まらなかったりしたので。……ちょっと焦りました(笑)

 しばらくすると、上昇したにごり部分に空気の通り道が出来て液面が下がりやすくなるので、オープナーの位置を再調整します。
 そして何度か調整を繰り返している内に、にごり部分が酒全体に均一に混ざり、浮き上がるのはほぼ泡のみに。
 43682842_4108175393.jpg
 こうなったら液面もすぐに下がるので、結構激しく調整しても平気ですねー
 プシューという空気音を聞きながらなんども開け閉めを繰り返します。
 ううむ……しかしさすがのガス量というか、なかなかガスが無くなる気配がありませんねー(笑)

 結局液面の上昇が止まるまで、30分ちょいかかりました。
 しかし開栓後もひたすら上り続ける泡……これは凄い。

 猪口に注ぐ――
 そのままの形で残っている米粒が少量、酒の表面にプカプカと。
 綺麗な香りです、にごり酒っぽくないというか。
 スッキリとした甘い香り。何らかのフルーツ?

 味は……旨い!
 口内で炸裂する甘味、旨味、酸味。濃厚なのに爽やか。
 意外と柔らかい炭酸の刺激もピチピチと心地良いです。
 含み香は砂糖菓子に若干クリーム?
 米粒にも雑味は無く、噛むと柔らかい甘味がフワリ。
 食感も非常に柔らかいので、そのまま飲み込んでも支障はありません。
 あー、良い飲み口だなー
 結構アルコール度数が高いのにも関わらずスルスルと飲めます!
 旨いわー

 と、ここでペットボトル2本に350mlずつぐらいの量の酒を移して冷凍庫へ。
 こうしておくと活性が失われないので、後々まで開栓直後の味わいが楽しめるそうです。
 また、みぞれ酒としても楽しめるとのこと。(詳しくは公式サイトを参照)
 上手くいくと良いな~

 食べ物との相性は若干甘味が干渉気味。
 合わない訳ではないですが、無理に合わせなくても良いかな?

 む、飲んでいる内に、段々と炭酸が抜けてきて甘味が強めに。
 ただこれはこれで!

 ぬる燗――
 炭酸がシュワッと。
 雑味が若干増すものの、立ち上がった酸味が面白いです。

 熱燗――
 なるほどこれが公式サイトの言う大人の甘酒か……
 結構にごり酒らしくもろみの香りが強くなり、甘酒っぽさも確かに出現。
 旨味と酸味が増加して、甘味は控えめな印象。
 これまた面白い味わいです。

 うん、変化球としてはアリですね~
 ……温めない方が旨いと思いますが。

 いやー、非常に良い酒でした!
 今まで飲んできたにごり酒の中でもかなりの上位に入る旨さです!
 今後の変化と凍らせた分の味わいにも期待大!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原材料米 玉栄
 精米歩合 58%
 アルコール度数 18度以上19度未満
 製造年月 22.1.
 (株)吉村秀雄商店


2010年01月22日追記――
 む、炭酸はほとんど無くなりましたね。
 蓋を外しても全く泡が立ちません。

 まずは上澄み――
 甘い香りがさらな濃く。和菓子風の香り?

 旨口です!
 濃厚な旨味がワッと口一杯に広がります。
 少々アルコールの味わいも強く。

 続いて混ぜて――
 お、上澄みよりも香りが軽く。良い香り。

 おお、甘味の主成分はにごり部分にあるんですね~
 甘味、旨味、微炭酸由来の酸味が口一杯に。
 うん、やっぱり旨い!
 初日よりもにごり酒らしい味わいや含み香が出現。
 濃厚さは初日の方が上かな?
 まったり……

 食べ物との相性は若干向上。
 ただ、甘味の干渉は少々アリ。


2010年01月23日追記――
 最初から混ぜて。
 見た目は完全に甘酒だなー
 香りは米に和菓子、アルコール。甘酒っぽさも。

 酸味とアルコールの風味が増加。
 微妙に綺麗さは減少。
 しかし濃厚な甘味と旨味が良い!
 極わずかな炭酸の刺激も良いアクセント。
 旨いですね~

 燗――
 アルコール感が少々ツンと。
 酸味も尖り、さらに雑味も出現。
 温めない方が良いですねー


2010年01月25日追記――
 アルコールの香りが増加。
 そして若干甘い香りが重たい感じに。

 アルコールの風味と酸味が増加。
 含み香には微妙に酸化した印象も出現。
 エグみや渋味、苦味も少々増加。
 若干崩れてきましたねー


2010年01月27日追記――
 香りはアルコールにミルク、米。

 前回追記時とそれほど印象は変わらず。
 大きく崩れたという訳ではありませんが、早めに飲んだ方が旨いですね。
 これは空気に触れる回数が必然的に増えてしまうにごり酒の宿命でしょうか……

――

 そして、せっかくなので凍らせた分も飲んでみます。
 43682842_2393470689.jpg

 まずはみぞれ酒――
 お、柔らかいペットボトルを使ったので、凍らせた状態でも簡単に注げますね。ボトボトと。
 しかも必要な分だけ押し出せば、残りは再度冷凍出来そうな予感?
 うん、もし凍らせるなら、潰しやすいペットボトルの使用がお勧めです!
 43682842_2555327370.jpg

 アルコールの味わいに甘味、旨味がキリリと。
 シャリシャリとした食感が良いですね~
 これは面白い!
 夏に飲んでも爽やかで良さそうです。……よし、もう一本は夏に飲もう!

 続いて溶かして――
 んー、濃厚!
 これは開栓した次の日ぐらいの味わいかな?
 炭酸の残り具合もそんな感じですね~
 ああ、この軽めの刺激感が良いなぁ……旨い!

 と、言うわけで、もし二、三日中に飲みきれないなら、他は全て凍らせる事をお勧めいたします!
 私のように、一日二合ぐらいしか飲まないのであれば、ペットボトル2、3本分(500mlペットボトルにそれぞれ360ml(二合)ぐらい)を凍らせるのがちょうど良いかな?
 ミネラルウォーター入りの潰しやすいペットボトルでしたら、酒を入れる前に洗う必要が無い上に、飲みたい分だけ押し出して飲めるので便利ですよ~


1394648351_92.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 吟醸 吉村秀雄商店

コメント

非公開コメント

No title

色々な呑み方が出来て、面白いお酒ですね~。
しかもどんな呑み方でも旨いとは・・・
ラベルも変わってますね~。

No title

日本酒にごりのシャーベット、、夏にやりたいです。
寒い冬では、、鍋との組み合わせが必須のような。。(笑
ポチん。

No title

そっか、凍らせる手が有りましたか。去年、「而今」の活性にごりを
呑んだのですが、一升瓶だったので、3分の1くらいの量に成ってた時は、もうだれてました・・・。

「鉄砲隊」とは、如何にも和歌山県らしいネーミング(雑賀鉄砲隊)。
日本酒が好きな某作家さんが和歌山県の酒の銘柄は個性的だと
本に書いてましたっけ。

Re: No title

 EXCITERさん、こんばんは~

 確かにラベルにも躍動感があって良い感じですね!
 開けるのには少し手こずりますが非常に良い酒ですよ~

Re: No title

 酒呑親爺さん、こんばんは!

 ……確かに少々お寒うございました(笑)
 今から夏に飲む(食べる?)のが楽しみです!

Re: No title

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 私も昨年一升瓶の活性にごりをダレさせてしまいまして……
 で、その時にコメントで凍らせると良いとアドバイスをいただきました。
 全く崩れないので是非お試しを。

 こういう地方色豊かなネーミングは良いですよね。
 ちなみにここの会社は他にも、私が良く飲む「車坂」などを出しています。
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。