川中島幻舞 特別本醸造

 第33回目。
 自分の知らない銘柄を人に貰うとワクワクしますね~
 それが実は私が知らないだけで、優れた酒だったりしたらさらに!
 この銘柄もそんな一種のようです。出品酒もいつか飲んでみたいなぁ……

(記述日:2008年06月02日)

 親戚に貰った長野県の酒です。
 「川中島幻舞 特別本醸造」
 ここの蔵も女性杜氏が話題になったことがあるようです。
 そして色々な賞も取っているみたいですね!

 ストレートな酒そのものの香り。
 しかしスッキリとした甘い香りで嫌みさはありません。

 うん、まさしく酒ですね~
 ただ、スッキリとした味わいながらも、米の旨味、軽めの酸味及び甘味でふくらみが感じられ、極端に外れる物ではありませんが典型的な淡麗辛口とは違う感じです。

 常温――
 む、アルコールの味が少々尖った感じですが、米の旨味や甘味が柔らかく広がり、なかなか良いですね。
 口当たりの良さは冷酒の方が上ですけど。一長一短かな?

 ぬる燗――
 多少酸味は立ちましたが、悪くはない感じです。
 常温のマイナーチェンジ、と言った感じ?

 熱燗――
 アルコール臭が強く、少々バランスが崩れました。
 他の温度帯の方が良いですね。

 どんな食べ物にも無難に合わせられる万能選手。
 量を飲んでも全く崩れないので、いくらでも飲めます。一日で四合が空いてしまいました(笑)
 飲み飽きしない酒質です!
 上のグレードの物も気になります!

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 59%
 アルコール分 14度~15度
 製造年月 20.4
 (株)酒千蔵野


826236457_238.jpg tag : 特別本醸造 酒千蔵野

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif