スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍神丸 大吟醸生原酒40 2009年産

 第330回目。
 「龍神丸 大吟醸生原酒40 2009年産」――和歌山県の酒です。
 漫画もやしもんによって一躍有名になった人気銘柄になります。
 ……しかし、今回は私のミスと見通しの甘さによって、本来の実力どころか、全く参考にならないぐらい悲惨な状態になってしまいました。
 今回の酒のきちんとした感想をご覧になりたい方は、他の方の感想を探していただけるようお願いします……すみません。
 しかし本文中でも触れていますが、昨年の物はさらに長期間置いてもへこたれない酒質でした。(昨年の無駄に暑苦しい感想はこちら)
 失敗の主な原因は私のミスにありますが、造りの違いも影響していることは、言い訳にしかなりませんが言わせてください……

 ちなみに普段なら感想を載せるのを止めるレベルなのですが、良い酒であっても熟成に失敗するとこういう悲惨なことになりますよ、という失敗例としてここは一つ……
 意図的ではないにせよ、この酒及び酒造会社の方には生け贄みたいにしてしまって申し訳なく思っています。

 それでは本文をどうぞ……

(飲み始め:2010年02月18日)

 わずかにパインジュースを思わせる香り。甘い香り。アルコールの香り。

 スッキリ綺麗、それでいて濃い甘味と旨味が広がります。
 ……むむ?しかし綺麗な印象はすぐに消え、若干クセのある濃い感じが出現。
 続くのはアルコールの風味と酸味、若干渋味。
 なかなかに旨いです……が、微妙に古くなった香りや雰囲気が。
 パーシャルルームに入れていたとは言え、少々置きすぎたのかも?
 これは長期熟成には耐えない酒質だった?……いや、でも確か2008年産(19BY)は、今回よりさらに長く保存しても崩れなかった筈。
 この会社の他の酒(感想を書かなかった喜楽里純米吟醸中取りも含む)も合わせて考えると、2009年産(20BY)の物は全体的に酒質が弱かった可能性も?
 それとも単に舌が肥えた――と言うか鋭敏になって、以前は気付かなかった粗が見えてしまったとか?……いや、そんなレベルの差じゃないですね、これは。
 ……とりあえず、もし2010年産の物も買えるようなら、買ってすぐ飲んでみたいと思います。

 食べ物との相性は、甘味の強い濃い味の物と良い感じです。
 それ以外の物とは甘味やアルコール感が干渉。
 無理に合わせなくても良いかな?

 少々古くしてしまったので、今回の酒はきちんとした感想ではありません……ただ2008年産はもっと長期間置いても平気でした。
 ……言い訳ですね、すみません。

 生酒の熟成は、今回のように人を選ぶマニアックな酒質になる可能性もあるので、ご自分でされる場合はある程度お覚悟を……
 元々老ねた感じの酒質が好きな方にとっては全く問題無しかもしれませんが。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 原料米 山田錦
 精米歩合 40%
 アルコール分 18度以上19度未満
 使用酵母 和歌山酵母
 製造年月 21.5.
 高垣酒造(株)


2010年02月19日追記――
 アルコールの香りが増加。
 若干酸味を感じさせる香りも出現。涼しげな香り。

 酸味とアルコールの風味が増加。
 若干薬っぽい含み香が出現。
 甘味、アルコールの風味、酸味、旨味、苦味。
 初日よりもさらに荒い印象。
 元々一旦開栓すると崩れやすい酒質でしたが、これは結構崩れてきてしまいましたね……


2010年02月20日追記――
 香りは弱く。酸味と旨味を感じさせる香り。

 旨味が増加。少々もったりとした舌触りも。
 旨味、甘味、酸味、アルコールの風味、渋味にエグみ。
 前回の変化がそのまま進行した印象。
 これ以上の追記は必要ないかもしれません。


2010年02月22日追記――
 香りは余り変わらず。

 若干重たい甘味とアルコールの風味。
 旨味、酸味、アルコールのピリピリ感。
 む?渋味やエグみなど相変わらず雑味は多いものの、若干味わいがスッキリまとまってきたような?
 強くなったアルコールの風味の効果でしょうか?


2010年02月24日追記――
 アルコールの香りに酸味と甘味を感じさせる若干重たい香り。

 アルコールの味わいがさらに強く。
 強めの甘味にピリピリとしたアルコールの風味に苦味。
 甘いのに辛い印象。
 以前あった雑味の代わりに別の雑味が登場した感じでしょうか?
 薬というか、微妙に洗剤っぽい雰囲気も。

 しかし昨年の物はもっと強い酒質だったのですが、一体どうしてしまったのでしょう?
 昨年大絶賛した喜楽里純米吟醸中取りもやはり大事にし過ぎて駄目にしてしまったので、結構ヘコんでおります……
 何度も言いますが、今年は買えたらすぐに飲みます!


1417497609_184.jpg

 ↓よろしければクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 大吟醸 高垣酒造

コメント

非公開コメント

生熟

やっぱり生の熟成は、家庭では難しいのですねぇ。
kutataさんの勇気ある失敗例(失礼!)に感謝です。
大事にとっておくのは火入れだけにしてますが、やっぱりその辺が無難なのでしょうねぇ。ポチポチっと。

Re: 生熟

 酒呑親爺さん、こんばんは~

 いやー、今回は油断というか完全に失敗しました。
 まさか同じ銘柄でも造りの差がここまで影響するとは思いもせず……
 酒を駄目にしても構わないぐらいの覚悟が無いのであれば、生酒はすぐに飲むべきなんでしょうね……

 しかし今年の目標は「生酒をすぐに飲む」なので、これ以上は悲惨な例を出さずに済むと思います!(笑)
 頑張るぞー!(?)

No title

生熟は難しいですが、当ればデカい。
失敗はもったいない&お酒に申し訳ない、けど仕方ない。
次からは早飲みすればいいんですね。

この手の生老ねは和歌山酒に顕著にみられますね。
酵母のかげんか、なにか麹造りに共通点があるのか、、、、。
開栓からの劣化の早さも気になるところ。
新酒からあまりフレッシュというよりクリーミーなのも共通項かな。

超超久の16BY生は劣化を感じさせないですけどねー。

確か、去年の「ダンチュウ」でも、「生酒」での自家熟成は お薦め出来ないと書いてあったような。 「もやしもん」は春にドラマ化しますね。
また、「龍神丸」を売っている店に在庫を聞いてみるかなあ?。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは~

 自分でここまでの状態にしてしまったのは初めてだったので、かなり愕然としました……微妙にトラウマになりそうです(笑)
 すぐに飲むぞー!

 ほう……この会社以外にもそのような事態が……
 私も昨年、和歌山酒では無いですが、和歌山の酒店から買った酒が老ねてた経験はありますねー
 老ねてました、と報告するメールを出したら、上から目線で「酒の飲み方も分からない素人め!」ぐらいの内容が返ってきた時はどうしようかと思いましたが(笑)
 あの酒店の人なら、この老ね具合も良い熟成とか言っちゃうのかなぁ……

 超超久!最近の新酒ラッシュでそちらまでなかなか手が伸ばせませんでしたが、早く手に入れなければ!

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 実写版はキャストに期待が持てますよね(笑)
 今年もそろそろ抽選販売の時期なので、特約店の情報をこまめにチェックすると良いですよ~
 メルマガに登録してみたりとか。
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。