スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くどき上手 純米吟醸にごり酒 亀の尾 生

 第334回目。
 「くどき上手 純米吟醸にごり酒 亀の尾 生」――山形県の酒です。
 通常の(?)くどき上手がお好きな方はご注意を……かなり甘い酒です。
 あ、もしかしたら炭酸水か何かで割って飲んでも旨かったかも?……やれば良かった!
 本文をどうぞ~

(飲み始め:2010年02月27日)

 まずは上澄みから――
 香りはスモモにわずかにサクランボ?微妙にヨーグルト系の香りも。

 うお、甘味が強い!
 結構上品な甘さではあるものの、ガツンと来る甘味です。
 酸味などもあるにはあるのですが、ほとんど甘味の印象しか残りませんねー(笑)

 続いて混ぜて――
 む、香りは上澄みと余り変わらず。

 あ、これは確実に混ぜた方が旨いです!
 やはり甘味は強いのですが、柔らかい酸味や旨味が追加され、滑らかで柔らかい口当たりと相まって、大分マイルドな印象に。
 フワリと香る程度の、にごり酒風の含み香もなかなか良い感じです。
 ……ただやっぱりなかなかに甘い――いやかなり甘い!
 あー、これは相当な甘口です。
 ううむ、これはこれでアリだとは思いますが、甘口の酒が苦手な方にはお勧め出来ませんねー
 ここまで日本酒度(-10)が甘味に反映されている酒も久しぶりな気がします(笑)

 食べ物との相性は、甘い物に合わせられる物なら良し。
 ご飯には合わないけどパンには合う感じですねー
 ある意味、お菓子感覚でしょうか?

 ぬる燗――
 わ、さらに甘味が強く!
 これは凄い……さすがに甘味が重たい……

 熱燗――
 甘味は強いものの、同時に酸味も立ち上がります。
 甘酒風?意外と悪くないかも。

 うーん、温めない方が旨いですが、温めるのであれば熱燗で!

 かなりの甘口酒でした!
 さて、変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 亀の尾100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度以上17度未満
 日本酒度 -10
 酸度 1.2
 使用酵母 M310
 蔵出年月 201001
 亀の井酒造(株)


2010年02月28日追記――
 穏やかな甘い香り。
 ほのかな果物の香り……プラムを皮の上から嗅いだ感じ?

 んー、甘味が強い!
 やはりかなりの甘さです。添加した糖ではなく、自然なブドウ糖の甘味?
 甘味がガツン!ギュッ!
 む、甘味以外の、旨味とアルコールの風味が増加したかな?
 にごり酒を思わせる香りも増加。
 甘味のすぐ後ろを追いかける旨味と酸味、後口にはアルコール由来の苦味も少々。


2010年03月01日追記――
 甘い香りが強く。
 アルコールの香りも増加。米の香りが出現。

 うん、甘い。
 全体的に味が濃く。……もちろん甘味も。
 前回の変化がそのまま進んだ印象です。


2010年03月03日追記――
 穏やかな甘い米の香りに、ミルクサブレを思わせる香り?

 甘い!
 ただ酸味やアルコール由来の苦味が増えて相対的に甘味は減少したような?
 悪くないですねー


2010年03月05日追記――
 穏やかな甘い香り。

 アルコールの風味が増加。
 おお、甘味が減少!……いや、まだまだ十分甘いんですが(笑)
 ガツンときていた甘味は大分柔らかくなり、酸味やアルコールの風味との調和がなかなかに良い感じです。
 渋味や苦味などの雑味が増して、綺麗さは減少しているものの、飲みやすさは向上した気がします。

 強烈な甘味がお好きであれば早めに、そうでなければ変化を楽しみながら飲むのが良いかもしれません。
 くどき上手のラインナップは辛口から甘口までかなり幅がありますね~


1424902779_76.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米吟醸 亀の井酒造

コメント

非公開コメント

No title

う~~ん、惜しかったですね。
日本酒ハイボールか。。素晴らしい発想だ。(ポチ×ポチ

ついでに言うと、333回目に、くどき上手の出羽燦々(33%精米、33店舗限定、3333円)を取り上げて欲しかった。。(笑

No title

同感です。
最初はなんでこんなに甘~いんだ!と驚きました。
此処3年は毎年この感じなので狙っているのでしょう。

これほど強い甘さの割にもたつきが少ないのが、
くどき上手の“巧さ”かな、と思いました。
とはいえ、1、2口で充分!なので、
大勢でさっと空けちゃうのが佳し、って感じです。

『ばくれん黒生』は同じ亀の尾で55%(5%違い)
アル添とはいえ、日本酒度が+20(21BYはその差30)です。
面白いな~。

以前、「くどき上手」の吟醸を呑んだ事は有ります。

僕も3尽くしの「純米大吟醸」は気に成ってます。このスペックの高さなのに、この安さ。
3月3日発売だから洒落何だろうな。
買いたいけど、前に買った酒が何本有るから後かなあ?。
それまで残っていれば。

Re: No title

 酒呑親爺さん、こんばんは~

 あー出羽燦々!そういう発想をさらっと実行できる素敵な大人になりたかった!
 ……今からでも頑張れますかね?(笑)

 あの強いけど綺麗な甘さは、色々と応用が利きそうです。
 次は色々と挑戦してみたいですねー

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは!

 おお、例年通りな感じでしたか。
 この酒もばくれんの「超辛口」のように「甘口」ってつけたら良いのになー

 >1、2口で充分
 ……確かに(笑)
 そして大勢でさっと空けるのには私も賛成です!
 こういうちょっと極端な酒の方が盛り上がるかもしれませんね~

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 くどき上手はラインナップが豊富なので色々と目移りしますよね。
 出羽燦々の33は人気が高いので早めのゲットをお勧めしますよー
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。