スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももやま白酒

 番外編です。
 「ももやま白酒」――日本酒ではなくリキュールになります。
 近所のスーパーで340円で安売り(定価は735円)していたのを見て、思わず買ってしまいました!
 ……うん、ひな祭り前に飲めば少しは他の方の参考になったんでしょうけども、このブログは相変わらずです。
 それはともかく、昨年の初めに宝酒造サイトの商品説明を見てから、実はちょっと気になっていたんですよねー
 『蒸したもち米とうるち米に米麹を加えて、アルコールの中で約30日間熟成させた後、搾らずにすりつぶして作ることによって白酒独特の舌触りを出しています。』――うん、気になる。
 ただ、買ってから別の事が気になって仕方ないんですよ……
 「原材料 もち米、米、米こうじ、醸造アルコール、本みりん、酵素」
 ……
 …………酵素?
 ああ、これは早まったかもしれませんね……

 さて――
 見た目はドロッドロです。
 具体的には天下一品こってりスープぐらい。……こんな天一嬉しくない(笑)
 む、これは何の香りでしょう?
 アルコールにほんのり味醂?
 旨味を感じさせる甘い香り。若干甘酒風?

 甘い!……いや甘過ぎる!
 これは何と言うか、思わず顔をしかめてしまうぐらい甘いです。
 多分糖化酵素でデンプンを完全に糖化してるんでしょう。
 糖添加していないのが疑われるぐらいの甘さです……ううむ、この不自然な甘さは逆に凄いですよ。
 あー、舌触りは微妙に粉が溶けきっていないカップスープ風?微妙に粉っぽいです。
 で、具体的な味は、キツい甘味に絡むアルコールの風味、他に少しぐらいは旨味や苦味などもあるんでしょうが、甘味が強すぎてよく分かりません!(笑)

 さて、続いて箱に書かれた飲み方に挑戦してみましょう!
 牛乳割り――
 白酒:牛乳を一:三で。
 おお、マイルドだ!
 ただ牛乳だ!(笑)
 でも、これはこれで旨い気が。
 甘酒風味の牛乳?ううむ、まだかなり甘いのが凄い……
 アルコール度数は三度程あるので飲ませる訳にはいきませんが、子供でも飲めてしまいそうなぐらい飲みやすいですねー
 とりあえず日本酒から完全にかけ離れてしまいましたが、アリだと思います!

 続いて甘酒風――
 白酒:お湯を一:一、そこにショウガを少々。
 ……ショウガが無かったのでレモン汁で代用。
 お、甘さ控えめで良いですね。
 レモン汁の酸味も良いアクセント。
 香りはますます甘酒風です。
 ちょっと薄くなりますが、若干お湯の量を多めにするぐらいが良いかな?

 うん、ストレートで飲まなければ問題なさそうです。
 ……それもどうなんでしょう?(笑)
 ただ、酵素はちょっとアレですが、こういう酒もたまには良い気がしますねー


開栓2日目――
 アルコールの風味が増加。……でも関係なく甘い!
 ただアルコール感が尖っていてアルコール由来の苦味もあるので初日よりは甘さ控えめ……ではないなぁ(笑)
 やっぱり甘過ぎです!


開栓5日目――
 さらにアルコールの風味が増加。
 しかしやはり関係無しな甘さ。
 ……和菓子と一緒に飲んでみたら、和菓子よりも甘いんですがコレ(笑)

 ううむ、アルコールの風味が結構キツくなってきました……
 これは開栓した日に飲みきってしまった方が良いですね。
 ……いや、そもそもこの酒の経時変化を見ようと考える人間なんて私ぐらいでしょうか?(笑)

――

 初日にやった牛乳割りなら、カクテルの一種として居酒屋で出せば、そこそこ人気が出そうな気もしますねー
 しかし、この酒はどういう層に向けて造られているのでしょう?ひな祭りの主役は基本未成年ですし。
 うーん……
 あ!普通の甘酒だと(アルコールが入っていないので)物足りない方にお勧めです!(?)

データ――
 原材料名 もち米、米、米こうじ、醸造アルコール、本みりん、酵素
 アルコール分 12度以上13度未満
 賞味期限 2010.04 (製造から4ヶ月)
 宝酒造(株)


1436998928_128.jpg tag : その他 宝酒造

コメント

非公開コメント

No title

お、久々に関西弁でいうところの「いろもん」ですな。

本格的な白酒の造りのわりに“酵素”てのが、いかにも大手メーカーの製品らしいですね。

まあ、小さな蔵の日本酒も酵素使っているものかなりあるんですが。

僕もスーパーや酒のチェーン店で値下げや半額を見ると気になります。
今日、仙台のデパートで何本かの日本酒が500円引きしていたので、気に成りましたが、本来買うべき酒では無かったので辞めましたが。
「酵素」で思い出したのが、某作家さんが書いた日本酒の本で紙パックの酒に有る「米だけで造られた酒」なんて言う酒が有りますからねえ。
酵素剤の力で糖化させ、全て液状に溶かす物だそうで。だからパッケージを見てみると「この酒は純米酒ではありません」らしき注意書きがされてますので。
と、なると「普通酒」?、「リキュール」?、どちらの扱いなのでしょうかね。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは~

 変な酒が好きなので(笑)

>小さな蔵の日本酒も酵素使っているものかなりある
 知りませんでした……
 確かに調べたら「原料重量の1,000分の1以下の場合、原料として扱われない」そうなので、加えても問題ないのかもしれませんが、ちょっとショックですねー
 ううむ、麹作りが下手なのでしょうか?十分な量の糖化酵素を造り出させられないとか……

 それを考えるとこの酒は表示してあるだけまだ良心的?
 ……いや、リキュールと日本酒では表示に関する法律が違うだけかもしれませんね(笑)

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 確かに気になりますねー
 ……スーパーとかだと蛍光灯も気になりますが。

 法律上だと普通酒ですが、日本酒と言いたくない気持ちは分かります(笑)
 まあ「米だけの酒」は他にも使用米が等外米だとか様々な理由があったりしますので、調べてみると結構面白いですよ~
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。