スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるしか ときめき

 第344回目。
 「はるしか ときめき」――奈良県の酒です。
 まるで100%ジュースや新鮮な果実を口に含んでいるかのようなフレッシュ感とジューシーさを持つ低アルコール日本酒です!
 そして今気付いたのですが、酒販店の商品説明に「キンキキッズの堂本剛君のお気に入りのお酒です」との文字が。
 ……とりあえずKinKi Kidsファンの方は、普段日本酒を飲まなくても是非飲みましょう!
 まあ、それは冗談にしても(笑)、一般的な「酒」が苦手な方であっても(体質的に飲めない方を除いて)この酒なら抵抗無く飲める気がします。
 こういう酒が多くの場所で手軽に手に入れられると良いんですけどね~
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2010年03月23日)

 開栓!プシュッと快音が。
 しかし全く酒自体は吹き上がらず。……良いことです(笑)

 まずは上澄みから――
 おお炭酸の泡が結構ありますねー
 香りは……何だろう?何らかの花?
 甘い、若干酸味を感じさせる香り。

 んー、フレッシュでジューシー!
 味わい的にはシードルに近いと言うか、爽やかな炭酸入りのジュース?
 果物――ブドウやリンゴを思わせる甘味と酸味が口いっぱいにジュワッと!
 うん、結構旨いですね。
 もしかしたら人によっては酒だと気づかないかも?……それは無いか(笑)

 続いてにごり部分を混ぜて――
 む、結構混ざりにくいですね、ちょっと振るぐらいしないと混ざりません。
 上澄みよりも酸味と旨味が増え、味覚情報そのものが複雑に。
 甘味は若干控えめに感じますが、より果実感と言うかジュースらしさが増した感じです。
 微妙な渋味や苦味の効果でしょうか?
 これまた旨いですねー
 私は混ぜた方が好きかな?

 甘い物以外の食べ物とは合わないので、食前酒や食後酒としてさらっと飲むのが良いと思います。
 ただ甘い物とは凄く合います!

 いかん、飲みやすいので一本一気にいってしまう所でした(笑)
 ゴクゴク飲めます!
 一応変化も見てまいりますよ~

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 70%
 アルコール分 6%
 製造年月 22.2
 (株)今西清兵衛商店


2010年03月24日追記――
 香りは花に……発酵食品?

 爽やかな微炭酸入りリンゴジュースを思わせる味わい。
 甘味と酸味の混ざり具合が心地良いですね~
 初日と余り味わいは変わらず……旨いです。


2010年03月26日追記――
 旨味を感じさせる香りが強く。若干ペタッとした感じの香り。

 旨味と酸味が強く。
 わずかにクエン酸の効果か、リンゴ酢を思わせる雰囲気が少々。
 甘味は若干控えめに。
 この味わいも良いですね!個人的にも結構好みです!


2010年03月29日追記――
 サクランボ系の香りが若干?

 旨味と酸味がさらに増加。甘味、酸味、旨味がジュワッと。
 ……おお、結構旨いです。これはスゴい!
 全体的に濃くなって綺麗さも減っていますが、味わいのバランス的にはほとんど崩れていません。アルコールの風味が若干増したぐらい?
 多分300mlと少量なので、ほとんどの方が変化など見ないでしょうが、この変化はアリですね~

 初日の味わいが気に入った方や、軽快な味がお好みの方はなるべく早く飲むべきだと思いますが、ちょっと置いてみても面白いかもしれませんよ?
 うん、今まで飲んできたアルコール度数一桁の低アルコール日本酒の中で、この酒は個人的にかなり上位に入りますね~
 値段は300mlで546円。日本酒が苦手な方にも是非!お勧めです!


1444179649_193.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif tag : 純米 今西清兵衛商店

コメント

非公開コメント

堂本剛さんは奈良県出身だから、地元の地酒には、愛着が有るのでしょうね。
そう言えば、福山雅治さんは去年、日本酒の美味しさに目覚めたと自身のラジオで言ってましたね。
確かに女性にもお薦めな酒ですね。
先日呑んだ、初孫「雪恋花」は活性にごりで甘めで低アルコールだったので、これも女性向けですね。

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんにちは。

 ほう、福山雅治さんが……
 これは大手メーカーの酒とかじゃなくて、日本酒を啓蒙するような内容のCMに出てくれると嬉しいですね。
 酒販店の組合とかがCM打ってくれれば良いのになー

No title

と・き・め・き。
ちょっと恥ずかしくなるようなネームが素敵です。

低アル&シュワシュワ&甘酸っぱい系のお酒は増えましたね~。
こうなると、そろそろこの系統も統一の呼び方が欲しいところ。
ワインでは「シュトルム」って呼び方がありますね。

日本酒らしく、いいネーミングが出来ればもっと盛り上がるかも。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは~

 おお!確かにわかりやすい名前がつけられれば良いですよね!
 日本酒らしくて、さらにこのような酒質を端的に表すネーミング……
 瑞々しいから……瑞酒?……これは流行らない、それにスイスっぽい(笑)
 ……今後も色々と考えてみます!
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。