スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀土-KID- 吟醸酒おりがらみ 生酒

 第369回目。
 「紀土-KID- 吟醸酒おりがらみ 生酒」――和歌山県の酒です。
 昨年出来た新ブランドKIDの新商品になります!……まあ既にこれよりさらに新しい製品も売っているのですが。(昨年の感想はこちら→純米純米吟醸)
 それはともかくとして、値段は720mlで998円!
 小差とはいえ、1,000円を切った価格ですとお得感がありますよねー

(飲み始め:2010年08月13日)

 柔らかく甘い香りに、アルコールの香りでスッキリと。
 米と、青リンゴにマスカット?

 口に含むと、まず柔らかい印象と共に米の旨味がフワリ、そしアルコールの風味が涼やかな印象をもたらし、後口には意外にしっかりとした酸味がビシリと。
 うん、なかなかに良い味わいですね~
 お、常温に近付くと、全体的に味わいが強く感じられるように。
 甘味も若干立ってきた印象です。
 酸味が前面に押し出され、旨味と共にジワリと。
 そして後口の酸味はよりハッキリ、加えて若干の苦味と渋味も。

 燗――
 アルコールの風味が立ち、さらに全体の味が濃く。
 先ほどの変化をそのまま進めた印象ですね~
 これまた悪くないです。
 温めるのはお好みで!

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合 麹米50%(山田錦)、掛米55%
 アルコール度数 16度以上17度未満
 使用酵母 協会9号酵母
 製造年月 22.3.
 平和酒造(株)


2010年08月15日追記――
 アルコールの香りが若干増加。どこか涼しげな香り。

 酸味と旨味が増加。
 若干含み香にはスイカ風の雰囲気も?
 む、微妙に鉱物感?いや気のせいかな?
 初日の常温帯の味わいが前倒しになったような印象も。

 お、濃い味の食べ物と合いますね~
 他の物にもなかなか!
 甘い物とも良い感じです!


2010年08月17日追記――
 マスカットにラムネ風の香りも。

 くっきりとしながらも柔らかい酸味と旨味、そしてその間から軽めの甘味がひょっこりと顔を出します。
 うん、なかなかに良い味わいです!
 濃くなったのに飲みやすいというか。
 こういう変化も良いですね~


2010年08月19日追記――
 香りはアルコールに……若干リンゴ酢?

 甘味とアルコールの風味が増加。
 旨味、甘味、酸味がパッと広がり、その後ろから別種の酸味、アルコール感、苦味と渋味、若干のエグみがジワジワと。
 悪くないですが、後口には結構雑味が増えた感じですねー

 それほど大きく崩れた印象はありませんし、口に含んだ瞬間の飲み口は個人的に結構好きなのですが、無理に日数を置く必要は無い、かな?
 ……この辺りはお好みで!


1559757692_49.jpg tag : 吟醸 平和酒造

コメント

非公開コメント

先日買った日本酒の本に掲載されてましたね。
「平和酒造」は「紀土」はまだ見た事は無いですね。
「こしき造り」という紙パック酒や梅酒は何度か見たことは有りますが・・・。
スーパーや酒屋に行ったら、もう「ひやおろし」が出てました。
まだ暑くても、もう秋の気配が。

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんばんは~

 平和酒造は梅酒が有名な会社ですし、このブランドも昨年出来たばかりですから、やむを得ないかも?
 ただ、有名な酒店が結構大々的に扱っているので、ネット通販でしたらすぐに見つかりますよー

 ひやおろし……1年なんてあっという間ですねぇ……
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。