スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜麻猫 白麹仕込 特別純米酒 二〇一〇年度秘醸酒其ノ壱

 第371回目。
 「亜麻猫 白麹仕込 特別純米酒 二〇一〇年度秘醸酒其ノ壱」――秋田県の酒です。
 白麹ですよ!白麹!
 ……それほど私は焼酎に詳しくないのでアレですが、今調べたところによると、白麹は1918年に黒麹の中から発見された突然変異株で、黒麹と違って造り手の身体や蔵を黒く汚すことがないため、70~80年代頃には焼酎造り用麹のスタンダードになったようです。
 また黒麹や白麹は多くのクエン酸を作り出すので、それらを用いた酒造りでは乳酸を添加しなくてももろみのpHが自然に下がって、雑菌の繁殖を押さえることが出来ます。

 ちなみに今回の亜麻猫ですが、裏ラベルによると乳酸を加えず、使用麹の半分を白麹に置き換えて造られているとのこと――これは生もと系や速醸系とも違った、全く新しい日本酒造りの形であると言えるのではないでしょうか?
 ……うん、実際これは結構すごいことですよね?
 クエン酸の酸味は、柑橘系の果物に多く含まれる酸味ですし、飲み口も爽やか!
 日本酒初心者からベテランの方まで是非一度お試しあれ!

(飲み始め:2010年08月20日)

 スッキリとした軽快な甘い香り。サイダー系の香り?

 おお、酸味はしっかりとしているのですが、口当たりは結構柔らかい感じですね~
 酸味がグッ、そして甘味と共にパーッと広がり、軽快な旨味がジワジワと。
 火入れの酒にも関わらずジューシーで、何らかの柑橘系の果物を連想させる味わいにも感じられます。
 良い意味で日本酒らしくない感じですね!
 白麹……これはアリだ!
 当然黄麹には長年使われるだけの理由があるのですが、逆に白麹を使った日本酒が今まで大々的に出てこなかったのが不思議です。……私が知らないだけかもしれませんが。
 (追記――白麹は発見されてからまだ日が浅く、その前身である黒麹では酒に黒色がついてしまうことが想像されるので、蒸留過程の無い日本酒造りに使ってみようと考える方が現在までいないのも当然でした。)
 (追記その2――黒麹を使用した日本酒も他社から発売されているそうです。いつか飲みます!)

 食べ物と合わせるなら味の濃い物か、野菜?
 居酒屋向けの酒かも?
 あ、甘い物にも合いますね~
 うん、旨い!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度
 使用酵母 六号酵母
 製造年月 10.3
 新政酒造(株)


2010年08月21日追記――
 香りは余り変わらず。良い香りです。

 若干酸味がハッキリと。
 微妙に苦味や渋味が出現し、柑橘系果物の皮を思わせる雰囲気も。
 良い感じですね~


2010年08月22日追記――
 甘い香り。若干カルピスソーダ風?

 旨味が若干増加。全体の雰囲気がまったりと。
 穏やかで良い味わいです。


2010年08月24日追記――
 アルコールの香りが増加。
 何らかのサワーを思わせる香り?

 甘味が若干増。
 ジューシーな酸味や若干の苦味と相まって柑橘系の果実感が強く。
 ああ、飲みやすいですね~
 カパカパ飲めます!


2010年08月26日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 香りはそれほど大きくは変わらず。

 お、味わいも前回とそれほど印象が変わりません。
 若干アルコールの風味と苦味が増加したものの、崩れた印象は全く無し!
 クエン酸の酸味が良いなぁ。

 うん、良い酒です!
 ここの会社の酒には今後も注目していきたいですね~
 とりあえずこの酒と一緒に買った酒が冷蔵庫に眠っているので、まずはそちらから……
 (飲みました)


1564764605_118.jpg tag : 特別純米 新政酒造

コメント

非公開コメント

No title

黒麹は「福正宗」と「天の戸」が出してますね。
白麹は初めて。新政酒造の挑戦を感じます。

No title

これはレッテルの意匠が素晴しい。

やまゆ、新政、飲みましたが美味しかったですねー。
奇醸酒いや、秘蔵酒シリーズも飲んでみたいと思うのですが、
外飲みでも見かけず、手に入れづらく、未飲です。

次のお酒はなんだろう、、究!?




Re: No title

 エクスプロイダーさん、こんばんは!

 おお、まさか黒麹使用の日本酒があるとは!
 今度飲んでみたいですね~

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは~

 良いですよねこのラベル!
 こういうセンスが私も欲しいです……

 究?……(検索中)……酒に大学名が!
 おおお、これは飲んでみたいなぁ……来年にはきっと!

 次はやまゆです!楽しみだな~

No title

究はイマイチでした。
陽乃鳥は亜麻猫よりも旨いと感じました。
甘いんだけどすっきりとした甘さ。

封を切ってからも冷蔵庫に入れているんですか?
それでも数日で大きく味が変わったりするんでしょうか。

Re: No title

 どなたか存じませんがこんばんは。

 なるほど。陽乃鳥は今度飲むので楽しみです!

 基本的に買った酒は、開栓前の物も後の物も全て冷蔵庫に静置しています。
 完全に趣味で書いているブログとは言え、人様の大事な商品に文句を言う可能性があるからには、こちらの失敗で泥を被らせる訳にはいきませんので……
 やはり温度、光、振動は日本酒にとってかなりの大敵ですからねー

 質問への答えですが、一度開栓すると冷蔵庫に入れていても変化は避けられません。
 ちなみに開け閉めの全くない-20℃ぐらいの冷凍庫で凍らせてしまえば、ある程度は長期間でも変化を抑えられるかもしれませんが、普通の冷凍庫では結局ジワジワと分離してしまって無理でした。
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。