スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬と乾杯 純米吟醸酒‏

 第395回目。
 「龍馬と乾杯 純米吟醸酒」――高知県の酒です。
 龍馬伝ももうすぐ最終回ですねー
 と言うわけで今回は龍馬伝にちなんだ限定品になります!
 限定品が大好きな身としてはかなり気になる反面、味にはそれほど期待していなかったのですが、販売店の方の名前だけの商品ではないと言う太鼓判と、さらに「美丈夫」で有名な会社の酒でもあると言うことで、スパッと購入してみました。
 ちなみに値段は720mlで1,900円と若干高めですが、最高峰の山田錦を50%まで磨いているそうなので、コストパフォーマンス的にはそれほど悪くない、かな?
 では本文をどうぞ。

(飲み始め:2010年11月18日)

 サイダーやメロンソーダを思わせる甘くスッキリ綺麗な香りです。

 綺麗でスッキリとした口当たりから、キリッとした酸味にほのかな甘味、軽快な渋味がジワリと口いっぱいに。
 若干の刺激感や独特のクセ(?)はありつつも、柔らかくまったりと飲めます。
 うん、染み入る味わいです……

 食べ物とは余り合わず。
 普通の物には甘味が若干干渉、甘い物には渋味が干渉。
 無理に合わせないで飲むのが良さそうです。

データ――
 原材料名 米、米麹
 使用米 兵庫県東条産山田錦
 精米歩合 50%
 アルコール度 15~16%
 酵母 KA-1(熊本酵母)
 製造年月 22.8.
 (有)濱川商店


2010年11月19日追記――
 香りは余り変わらず。

 甘味が微増、酸味が微減。
 初日よりも柔らかく、そして飲みやすくなった印象です。
 うん、まったりとして良い感じです。


2010年11月20日追記――
 エステル香が強く。
 ますますサイダーっぽい香りに。

 甘味と旨味、アルコールの風味が若干増加。
 どこかキリッとした印象はありますが、柔らかくて良い味わいです。
 若干の渋味と苦味も良いアクセントになっていますね~


2010年11月22日追記――
 エステル香がさらに増加。若干尖った印象に。
 少々ビターな雰囲気も。

 酸味、アルコールの風味、苦味に渋味が増加。特に苦味は大きく増加しました。
 若干エグみが出てきて、舌触りも少々悪く。
 うーむ、だいぶクセが強くなってきました。
 今日の感じだと結構飲みにくさが出てきた印象です。
 さて今後の変化は如何に?


2010年11月24日追記――
 アルコールの香りとエステル香が増加。尖った印象が強く。

 前回の変化がそのまま進行。
 しかし旨味の中に柔らかさが感じられるので、前回と比べてクセが増した感じは余りない、かな?
 ただそれでも早めに飲んだ方が旨いと思いますので、開栓後は二、三日でスパッと空けてしまいましょう!


1624090011_63.jpg tag : 純米吟醸 濱川商店

コメント

非公開コメント

No title

「龍馬伝」は家族がよく見てました。

僕が知ってる「龍馬」関連の銘柄は「司牡丹」、「英勲」で大手だと「黄桜」や「月桂冠」かな。

美丈夫かあ、良いですな。僕は「ワールドカップ」ラベルを呑みましたが。

去年の「天地人」でも東光などが出してましたが。来年の大河関連の酒も出るのかな?。

Re: No title

 龍馬伝はある意味ハッピーエンドが有り得ない話なので、最後の方は見ていて少々切なかったですねー
 龍馬が生き続けた世界を想像して飲む酒というのもまた一興でしょうか?
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。