スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓬莱泉 しぼりたて 生酒 特別純米酒

 第402回目。
 「蓬莱泉 しぼりたて 生酒 特別純米酒」――愛知県の酒です。
 やはり新酒発売の時期はあちこち目移りしてしまって困りますねー
 もう一度飲みたい銘柄もあれば、飲んだことがない銘柄も気になる……体が三つぐらいあれば良いのに!
 ……まあそうなると財布的には大ピンチなのですが(笑)

(飲み始め:2010年12月16日)

 フレッシュで穏やかな香り。
 バナナを思わせる柔らかく甘い香り。

 スッキリ柔らかい口当たりから、濃い甘味がグググッときた後、柔らかい酸味と旨味が口内でジワッと広がります。
 お、飲んでいる内に旨味と酸味がしっかりと感じられるように。
 口当たりもしっかりと力強くなり、最初に感じた華やかさは薄まって全体的に若干穏やかな印象になりました。甘味も第一印象より控えめです。
 後口には若干の苦味と渋味。
 うん、なかなかに良い味わいです。

 食べ物との相性も結構良し。
 かなり幅広い食べ物と合わせられます。
 結構甘味があるのにこれは凄いですね~
 お、甘い物と特に合います!

 なんだかんだで飲みすぎました。
 ……意外と怖い酒かも(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 17度
 製造年月 10.11.05
 関谷醸造(株)


2010年12月17日追記――
 香りはさらに柔らかく。
 うん、良い香りです。

 やはり第一印象は甘味がハッキリ、そして少し飲み進めると旨味と酸味が立ってきます。
 初日と比べると旨味と若干のアルコールの風味が増加。
 少々濃くなった感じですね。


2010年12月18日追記――
 香りは少々弱く。バナナ系の香り。

 アルコールの風味が増加。
 酸味と旨味、若干後口の苦味と渋味も増え、より濃い味わいに。
 綺麗さが若干減って、アルコールのピリピリ感も出てきましたが、まだまだ良い感じです。


2010年12月20日追記――
 アルコールの香りが増加。
 甘い、若干の穀物香。

 丸い甘味と旨味、口当たりはコロンと。
 そして酸味に若干の苦味と渋味がジワリ。
 綺麗さが減って若干の重量感が出現。アルコール感もさらにピリピリと。
 ただこれはこれでアリかな。


2010年12月22日追記――
 香りはしっとりと。

 アルコールの風味が増加し、含み香にも重量感。
 苦味や渋味も増して、クセが結構出てきた印象です。

 それほど悪くはないですが、ここまでは置かない方が良いですね。
 新酒らしいフレッシュさもほとんど無くなってしまいましたし。
 出来れば開栓後二日ぐらいで飲みきりましょう!


1640401736_4.jpg tag : 特別純米 関谷醸造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。