スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

而今 特別純米 にごりざけ‏

 第404回目。
 「而今 特別純米 にごりざけ‏」――三重県の酒です。
 大人気の而今ですが、どの種類の物が飲みたいかを限定さえしなければ、レア(?)な酒の中では比較的手に入りやすいのが良いですよねー
 今回の酒もたまたまあった抽選販売に衝動的に応募して当選した物です。
 ……来年もまたこういう良い酒が飲める年でありますように!(笑)

(飲み始め:2010年12月24日)

 まずは上澄み――
 香りは……ブドウに若干メロン?
 猪口の底の小さい泡が爽やかで良いですねー

 甘味と旨味が口内にワッと広がり、爽やかでスッキリとした酸味が全体を引き締めます。
 お、第一印象から結構濃いと思いきや口当たりはかなりスッキリしてますね。
 うん、飲みやすくて旨い!
 爽やかだな~

 続いて混ぜて――
 香りは若干穏やかに。

 あ、これは旨い。
 上澄みのみに比べると旨味と酸味が増加。
 にごり酒感も余りなく、スルスル飲めます……と思ったのですが、単ににごり部分がしっかりと混ざっていないだけでした(笑)

 む……穴あき蓋で炭酸が弱いのもあって、なかなか混ざりませんね。
 と言うか瓶を逆さまにすると穴あき蓋の中に酒が侵入してしまいます……セロテープで穴を閉じてなければ、危うく酒がこぼれてしまうところでした。
 別の酒瓶から持ってきた蓋を代わりにつけ、逆さまにして何回か撹拌し……ようやく混ざりきりました!

 さて――
 先ほどよりも米の旨味が強く。
 うん、それでも飲みやすいですね。
 舌触りは若干ツブツブした感じですが結構滑らかです。
 柔らかいなー

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 甘味が無い物には結構甘味が干渉します。
 む、純粋に甘い物には若干旨味が……単独で飲んだ方が旨いです。

 あ、量を飲むと結構濃いと言うか若干重たい感じになりますね。
 余り大量には飲み過ぎない方が良いかも?
 ……まあ私が単に飲み過ぎただけなんですが(笑)

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 富山産五百万石100%
 精米歩合 60%
 アルコール分 16.5%
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.0
 製造年月 22.11
 木屋正酒造(資)


2010年12月25日追記――
 上澄み――
 メロン系の香りと新酒らしい香りが増加。
 穏やかで良い香りです。
 旨味が増加し、口当たりは濃厚に。

 混ぜて――
 若干ヨーグルト系の香りも。
 初日よりも旨味が増加、若干の渋味にわずかなエグみも出現。
 若干残った炭酸とアルコールの刺激感が濃い味わいをキリリと引き締めます。
 甘味、旨味、酸味、若干の渋味と苦味。
 様々な味わいが渾然一体と。
 フレッシュ感は初日に何度も混ぜたこともあって大幅に減ってしまいましたが、なかなかに良い感じです。

 お、華やかさは減りましたが、食べ物との相性は良くなりましたね~


2010年12月26日追記――
 上澄み――
 甘い香り。メロンソーダ風の香り。

 酸味と苦味が若干増加し、少々尖った印象も。

 混ぜて――
 構成は余り変わらないものの、上澄みよりも控えめな香りに。

 若干苦味が増加し、含み香にはわずかに酸化し始めた感じも。
 渋味やエグみもジワジワと増加。
 やはり混ぜながら飲まなければならないにごり酒は、こういう変化が出てしまいやすいんですよね。
 初日と比べると結構崩れてきましたが、これはこれでそこまで悪くないです。
 ただ、早めに飲みきった方が良さそうかな?


2010年12月28日追記――
 上澄み――
 香りは……炭酸の抜けたメロンソーダ風?
 より甘い香りに。

 甘味が増加。
 他は余り分からず……酒の量が減って、ほとんど上澄みだけでは飲めなくなってしまいました。

 混ぜて――
 上澄みの香り+若干の米の香り。

 甘味が増加。
 炭酸がほぼ消滅したためか、酸味は反対に控えめに。
 むむむ……何だか前回よりも全体的に柔らかくなっていて、クセも弱まったように思えます。
 後口の苦味なども若干軽快になった気が。
 今までの酒質とだいぶ変わりましたが、この味わいは嫌いじゃないですね~
 うん、アリだ!


2010年12月30日追記――
 最初から混ざって状態で――
 アルコールの香りが急激に強く。
 丸く甘い香りを上書きするようにアルコールの香りがググッと。

 甘味がさらに強く。
 そして香りと同様にアルコールの味わいが自己主張。
 前回弱まったと思われた苦味やエグみなどのクセが再度増加に転じました。
 ……まあ酒に触れる空気の量がかなり多いので仕方ないかもしれませんね。
 やはり一升瓶で一週間かけて飲む場合は、小さい瓶かペットボトルに小分けすべきでしょうか。
 早めに飲みきるか……前回追記時の柔らかい感じの味わいを見たければ、にごり酒以外の物を選択するのも手だと思います。
 ただ、この活性にごり酒独特の季節感はやっぱり良い物ですねー


1644988937_231.jpg tag : 特別純米 木屋正酒造

コメント

非公開コメント

No title

僕の初「而今」はこのお酒でした。(初めて呑む銘柄でにごり系が多い)。去年、呑みました。
之をキッカケに今年は而今を度々買ってたなあ・・・。
自分呑み、父にやって、お盆に来た親戚に振舞ったりと・・・。

僕も来年も良いお酒に出会いたいですね。
それでは良いお年を。

さて、「遊穂のしろ」でも呑みますかね。

Re: No title

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 而今を普通に買える環境は羨ましいですね~

 では良いお年を!
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。