スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩の井 山廃純米 鴨川千枚田総の舞 生酒

 第435回目。
 「岩の井 山廃純米 鴨川千枚田総の舞 生酒」――千葉県の酒です。
 千葉県の酒造好適米である総の舞(ふさのまい)を使った酒になります。
 病気や冷害に強い米と言うことなので、結構育てやすい感じでしょうか?
 今後の展開にも期待します!

――
 やはり、しばらくの間このブログは休止します。
 この大変な時期に(ブログの形式の問題とは言え)毎日酒を飲んでいる様子を見せるのも失礼ですし。
 酒の銘柄紹介以外のエントリーを作らないと決めたことも裏目に出ました……小回りが利きません。
 前回の記事から舌の根が乾かない内にすみません……
 ただ、記事にはしなくても飲んだ酒の感想を書くことは続けますので、いつか復活する時にまとめて更新したいと考えています。……酒量は確実に減ると思いますが。
 それではまたいつかお会いしましょう!
――
 本文をどうぞ。

(飲み始め:2011年03月10日)

 しっかりとしながら柔らかい米と酒の香り。

 お、濃い!米の旨味たっぷり!
 腰の強い米の旨味と甘味、そしてアルコールの風味。
 酸味もしっかりとしており、アルコールの風味や後口の苦味と共にビシッと酒質を引き締めています。
 なかなかに良い感じですね~

 食べ物とは合わせずに単独で飲んだ方が良いかも。
 甘味が干渉し、甘い物にはアルコールの風味が干渉。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 千枚田総の舞
 精米歩合 60%
 アルコール度 17.9
 日本酒度 +1
 酸度 1.8
 酵母 701
 酒母 山廃
 製造年月 22.10
 岩瀬酒造(株)


2011年03月11日追記――
 米と酒の香りが強くなり、熟成香も出現。

 アルコールの風味が増加し、甘味も若干増。
 初日よりもキリッとした印象で、口当たりはしっかり。
 うん、良い感じです!
 個人的には初日よりも好きですね~

 そして食べ物との相性も若干良く。


2011年03月12日追記――
 旨味を感じさせる香りが強く。
 若干重量感のある香り。

 む、若干旨味の質が変化して丸くなった印象です。
 しっかりとした口当たりと相まって、これはなかなか。
 後口には若干渋味。


2011年03月14日追記――
 香りは若干穏やかに。
 米の旨味を感じさせる香り。

 甘味と苦味が若干増加。
 旨味、甘味、アルコールの風味が力強くビシリと。
 若干甘味が重たくなってきましたが、これはこれでアリだと思います。


2011年03月16日追記――
 香りが濃くなり重量感も若干。

 アルコールの風味と苦味が若干増加。
 結構クセが増え、口当たりも重たく。
 大きく崩れた印象はありませんが、ここまでは置かない方が良さそうです。


1686774414_93.jpg tag : 純米 岩瀬酒造

コメント

非公開コメント

またお会いしましょう♪

わー私の地元のお酒だー 生まれも育ちも生粋の千葉県民ですb!!
・・・と言いつつも、地元(千葉県)のお酒はあまり詳しくないんです^^;
岩の井,梅一輪,甲子,旭鶴・・・知っているのはこのくらいでしょうか。
いずれも呑んだ事はありませんね。

お米の旨味をしっかりと感じられるお酒は良いですよね。
呑んだ翌日のテンションが尋常ではありませんw
ささやかな幸せとでも言いましょうか・・・そういった
他人は知らない小さな発見がとてつもなく大好きです♪
しかしながら、知人は日本酒が苦手な人しかいないので
情報を共有出来ないのが本当に残念です;;
こちらのお酒・・・是非とも呑んでみたいと思います^^

そうですか・・・ブログについての意見は私も同感ですね。
私も自身のブログでの日本酒日記は自粛しようと考えています。

ですが、全く気にはしてませんよ。

またお会い出来る日を楽しみにしてます。それまでkutataさんもどうかお元気で!!

[追伸]
こんな時にアレですが、昨夜「九頭龍(黒龍酒造(株)) 大吟醸燗酒」を呑みました。
ぬる燗~上燗で♪ ・・・お、美味しい;; こんなに美味しい燗酒は初めてでしたよ!!
そして、kutataさんの感想を参考にいろいろとこの美味しさについて考えたりと、
束の間の癒しのひと時を過ごさせて頂きました。
おかげ様で、本日はテンションMAXでございましたw

Re:

 ケミィさん、こんばんは。返信が遅れましてすみません。

 地元の酒は身体に合うと言う話をどこかで聞いたことがありますし、機会があれば飲んでみるのも良いと思いますよー

 日本酒が苦手な方にはとりあえず少し華やかさがあって飲みやすい酒から勧めるべきです!
 久々に銘柄まで言及しますが、個人的には醸し人九平次や東一の生酒辺りがお勧めですねー
 燗酒の良さを伝えるのは日本酒に対する悪い先入観を取り払った後でも遅くありません!
 ちなみに私が今まで飲んだ燗酒の中では、諏訪泉の特別純米酒(火入れ)が一番のお勧めです。
 ……ご友人方を日本酒の道に引き込めることを、陰ながら応援しております(笑)

――

 では、またいつか。失礼します。
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。