スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊水ふなぐち 一番しぼり 熟成吟醸生原酒

 第45回目。
 前回の黄色缶に引き続き今度は赤缶です。
 菊水ふなぐちに次第に傾倒していく様が本文から見て取れますねー
 やはりお手軽に買える酒は良い!
 ……という訳で、今後の感想ラインナップはますます混沌としていくのでした(笑)
 (2010年07月19日追記――缶の個体差について本文中で言及していますが、後に何度か飲んでみた結果、やはり缶ごとの違いは結構あるように感じました。造りの差の他に、熟成期間や環境の差も結構大きと思います。)

(記述日:2008年07月19日)

 企画「定番酒を飲もう」第4.5回ですよ~
 「菊水ふなぐち 一番しぼり 熟成吟醸生原酒」
 新潟県の酒です。
 たまたまスーパーで発見し、気づいた時には購入しておりました!(笑)

 甘い酒の香り。
 む、黄色缶より落ち着いた香りかも。
 酒の色は「熟成」だけあって少々黄色みがかっていますね。

 おおっ!これはもの凄く、甘い……
 炸裂する甘味。舌の先、口全体、喉……甘味、酸味、甘味、甘味……
 わー、黄色缶の比じゃないぞ、これ……
 これは濃いなぁ……後口には苦味が少々。

 うーむ、黄色缶は結構食べ物と合わせられたのに、これは甘さが濃すぎて合いません……
 つまみ系の物や甘い物とも合わず……何て事だ……
 酒として見たらなかなか面白いのですが、汎用性を考えれば黄色缶の勝ちかな?
 ……黄色缶の方が安いですし(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 アルコール分 19度
 精米歩合 55%
 日本酒度 -4
 製造日 08.03.14
 菊水酒造(株)


2008年07月21日追記――
 黄色缶と飲み比べてみました。
 確かに濃いですが、黄色缶と比べて多く米を削っているためか、雑味は黄色缶よりも少ない感じですね。全体的に引き締まっているような印象です。
 おお、比較すると赤缶も旨いですね……
 そしてスナック菓子など味の濃い物とはなかなか合うことが判明!
 こりゃあ良いですね、甘味も何故か前回より控えめな気がしますし。
 ……いや、気のせいじゃないな、前回と結構違いますよこれ。……缶によって個体差がある?それとも私の体調の違い?……何だろう?
 ……まあ結論としては、私はやはりこの菊水ふなぐちシリーズが好き、ということで(笑)

 次は限定の黒缶でお会いしましょう!(?)
 緑缶(新酒)も飲むぞー!

874872065_143.jpg tag : 吟醸 菊水酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。