スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊正宗 特醸 雅 特別純米酒 超特撰灘の生一本

 第452回目。
 「菊正宗 特醸 雅 特別純米酒 超特撰灘の生一本」――兵庫県の酒です。
 定価は一升で5,250円と少々お高いですが、知り合いの方から安く譲ってもらいましたー
 どんな感じか若干興味があったのと、後は……箱の派手さに惹かれまして(笑)
 ちなみに冷蔵庫にしっかりと入っていたので保存は問題無しです!
 しかし精米歩合65%で四合瓶だと2,500円クラスというのは、やはり米の値段が主因でしょうか?
 ……うん、とりあえず2年前に飲んだ同社の嘉宝蔵の酒には再挑戦したいと思いました。

(飲み始め:2011年05月22日)

 甘い酒と米の香りに、アルコールの香りがキリリと。
 酒らしい香りを洗練させた感じですね。

 うん、柔らかい。
 たっぷりの柔らかい旨味と、柔らかいながらも腰の強めな酸味、そしてアルコールの風味がキリッと。
 後口には渋味と苦味がジワリ。
 特に派手さはありませんが、まったりと飲めますね~
 これはこれでなかなか。

 食べ物との相性は余り良くない感じです。
 渋味や甘味が干渉。合わせるなら味が濃くて甘味のある物や、甘い物と。
 まあ無理に合わせない方が良いかな?

 ううむ……悪くはないですが、これで一升5,000円以上は少々厳しいかも?
 とりあえず変化はどんな感じでしょう?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 特A地区兵庫県吉川の里 山田錦100%使用
 精米歩合 65%
 アルコール分 17.5%
 日本酒度 +6
 酸度 1.6
 アミノ酸度 1.4
 製造年月 10.11.
 菊正宗酒造(株)


2011年05月23日追記――
 酒らしい香りが強く。
 若干重量感も出現。

 甘味が増え、アルコールの風味が若干増加。
 初日よりも複雑な味わいになった気がします。
 酸味は若干減少?
 うん、悪くない。

 そして食べ物との相性も向上。
 これは嬉しい変化ですねー


2011年05月24日追記――
 甘い香りとアルコールの香りが増加。

 旨味、酸味、渋味、苦味が増加。
 ジワジワとクセが増してきました。


2011年05月26日追記――
 濃く甘い酒の香り。

 前回の変化がそのままジワジワと進んだ印象です。
 結構辛口な感じも出現。


2011年05月28日追記――
 甘い酒とアルコールの、いわゆる酒らしい香り。

 若干旨味と酸味の質が変わってきたかも?
 しっとりと、若干重量感も出てきたような。
 そして渋味が若干増えた反面、アルコールの辛さは減少。

 ……あ、燗するの忘れていました。
 若干アルコールの風味が立つものの、旨味と酸味が柔らかく立ち上がって悪くない感じです。
 これは最初から燗しなかったのは失敗だったかもしれませんね……色々とすみません。

 開栓時に比べればクセは増していますが、崩れた感じはありません。
 短期間で飲んだ方が綺麗で個性も若干強いですが、時間をかけても問題無いと思います。


1725962044_12.jpg tag : 特別純米 菊正宗酒造

コメント

非公開コメント

最初、この酒を見た時は、高っ!と思いました。

確か、08年のダンチュウでこの酒のお燗について書いてましたな。
お燗ならぬる燗、温燗どちらでもいけるとか。

Re: タイトルなし

 エクスプロイダーさん、こんばんは。

 あー、やっぱり燗しないのは失敗だったみたいですね……
 とりあえず次……が、もしあるとするならば、燗してみます。
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。