スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪屋長兵衛 全麹 濃醇旨口 特撰 特別純米酒

 第459回目。
 「大阪屋長兵衛 全麹 濃醇旨口 特撰 特別純米酒」――兵庫県の酒です。
 大手酒造会社による全麹の酒……変わった酒が好きな私としましては、見かけたからには買わざるを得ませんでした(笑)
 クセがそこそこあるので万人向けの味わいではありませんが、なかなかに興味深い酒ですよ~
 そして今回の経時変化を鑑みるに、以前飲んだ他社の全麹の酒のように年単位で長期保存してみても面白いかも、なんて思いました。うん。
 ……しかしこの酒に限らず定義が曖昧すぎるんで、特別純米って名称必要ないですよね。
 ……失礼脱線しました、では本文をば!

(飲み始め:2011年06月12日)

 濃く甘い酒と米の香り。
 いわゆる酒らしい香りを若干スッキリ穏やかにして、甘い香りを立たせた感じでしょうか。

 お、濃い。
 含み香には上立ち香と似た印象と、若干の香ばしい香り?
 しっかりとした甘味と酸味が旨味と渋味を引き連れつつじわりと。
 後口には苦味と、若干舌に引っかかる感触も。
 少々クセはありますが、この感じはなかなかに悪くないですねー
 ただ、公式サイトの「白ワインのような味わい」はほとんど感じられませんでした。
 ……もしかしてどこか(店か家か)で酒質が変化してこうなった可能性も?いや、どうだろう?ううむ……

 温度が上がって室温に近づくと旨味が増加し柔らかさがアップ。
 うん、アリだな……

 食べ物と合わせるなら、甘味が強いので濃厚な味わいの物と。
 味が薄いと、甘味が強くても何かしらの風味がぶつかってしまいます。

 燗――
 温度が低めだと甘味が立ち、高めだと酸味が立つ印象。
 ……温めるならぬる燗かな?
 これまた悪くないです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 73%
 アルコール分 14度以上15度未満
 日本酒度 -20
 酸度 2.7
 製造年月 10.09.
 大関(株)


2011年06月13日追記――
 米の香りに旨味を感じさせる香りが強く。
 若干香りに重量感。

 酸味と渋味が若干減り、旨味と甘味が増加。
 口当たりは若干柔らかく。そして香ばしい香りが強く。
 うん、悪くない……


2011年06月14日追記――
 旨味の強さを感じる濃厚な香り。
 さらにどっしりと。

 強い甘味に絡むのは旨味と、最初と比べて若干質の変わった酸味。
 そして続くのは香ばしい感じのある苦味が若干。
 白ワインというよりも、みりんのような味わいです。
 これはこれで!


2011年06月16日追記――
 アミノ酸のしっかりとした香りに、アルコールの香りがキリッと。

 お、何だか柔らかくなった感じですね~
 特に旨味と酸味が丸くなりました。
 大まかな印象は前回とそれほど変わりませんが、なかなかに良い変化です。


2011年06月18日追記――
 アルコールの香りが若干増して、若干香りは穏やかに。

 香ばしい香りが増加。
 口当たりはさらに柔らかく。
 甘味、旨味、酸味がたっぷり、続くのは苦味、後口には渋味。
 うん、やはりクセや重量感はありますが悪くないです。
 私は開栓直後よりも好きですね~
 あ、ただあくまで個人的な好みなので、その辺りはご注意を。


1736133078_133.jpg tag : 特別純米 大関

コメント

非公開コメント

僕も持っている日本酒の本に「特別純米酒」(特別本醸造)の規定が書いてあり、「精米歩合60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)」と書いてまして、これは同じ蔵元の製品の中で、精米歩合の差異ではなく、純米酒(本醸造)に比べて明らかに原料の差異がある場合などに表示が必要と言う意味が有る。
例えば、ある蔵元の製品で、原料がコシヒカリ、精米歩合70%の純米酒があったとする。この蔵元でその純米酒の精米歩合を60%にすると、それが特別純米酒に成るのです。
ほとんどはこのパターンなのですが、一方、精米歩合70%のままで、原料を山田錦にすると、それも特別純米酒になり、山田錦100%などの表示が加わります。(白鶴や沢の鶴が該当)
これが後者の規定に属する訳でしょうか。だから、全麹の特別純米酒もこれに属するのかなあ?。
うーん、長々書いた割には、余りまとまりが無いような・・・すいません。

Re: タイトルなし

国税庁の「清酒の製法品質表示基準」の概要にも「60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)」と書かれています。
にもかかわらず何が特別な製造方法かを記載していない酒もちょくちょく……
要は造り手が「特別な製法」と考えればそれだけで特別純米や特別本醸造になってしまう現状だったりするんですよね。
曖昧な「特別~」を名乗ることで私にはせっかくの酒が逆に胡散臭く思えてしまいます。勿体ない……

No title

コレ、飲んだことあります、興味引きますよね(笑。
「白ワインのような味わい」かどうかはわからないけど、
「干し葡萄やプルーンでジュースを造ったらこんな感じ!?」
という雰囲気でした。

大手のキワノモってわりと珍しいですね。
ワンカップ全麹も、、、、ってやっぱ売れないですな。

Re: No title

 ぽんちゅうさん、こんばんは~

 干しブドウのジュース……なるほど、その表現は出てきませんでした……言われてみれば確かにそんな気が!(笑)
 せっかく資本力があるので、大手酒蔵にはこういう変わった酒に色々と挑戦していただきたいですねー
 ここは是非、松竹梅白壁蔵のようにネット限定で30本のみ販売!――とかそんな感じで!
 余り売れないかもしれませんが、私のような人間が(見つけたら)多分買います!(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。