スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東一 山田錦 純米吟醸 (2010年産)

 第511回目。
 「東一 山田錦 純米吟醸 (2010年産)」――佐賀県の酒です。
 この酒は、先日ある酒店で一年中空調が効いた(ワインセラーぐらいの温度に保たれた)部屋に置かれていたのを発見し、どんな感じで変化しているのか気になったので衝動的に購入してみました。
 低温でも常温でもない状態での一年以上の熟成……ちょっとワクワクしますよね(笑) (以前飲んだ製造年月の新しい物の感想はこちら)
 で、細かい内容は本文中に譲りますが、やっぱり熟成は奥が深くて難しい物だと思いました。
 変化前と変化後の酒質に関しては、結局どちらが優れているとかではなく、個人の好みがかなりのウェイトを占めているのだと思います。
 そもそも日本酒の魅力はその多彩さにあると私は考えますので、どういう酒質を目指すかという設計思想が重要なのであって、熟成に耐える性質を持った酒がそれだけで他の酒に勝るということは無い筈なのです。
 ……眠くて何を言いたいのかイマイチわからなくなってきました(笑)
 まあ、今回の酒のようにわざと糖を残して造る良い酒も現在は多くありますので、今更な意見かもしれませんね~
 では本文をば!

(飲み始め:2011年11月20日)

 落ち着いた感じのある甘い香り。

 うん、飲み口はかなり穏やかで、新しい物に比べると大分甘味も控えめになっています。
 穏やかで柔らかい旨味と甘味が軽快感のある酸味と共にスルリジワリとと口内で広がり、後口に若干の渋味と苦味を残して消えてゆきます。
 あー、飲みやすいなぁ。
 華やかさはほとんど消えてしまっていますが、この飲みやすさはかなりのものだと思います!
 日本酒初心者の方にはどちらの方がお勧めか……どちらも違った良さがあるので難しいですね……
 わかりやすさやインパクト重視なら確実に新しい物ですが、個人の好みによっても結構変わると思います。
 私の好みは、新しい物の方が上かな?
 ただ元から冷蔵庫などで低温貯蔵しておけば、もっと長所を残した熟成が可能な気がしますので、いつか挑戦してみたいですね。
 ……あ、そう言えば冷蔵庫にほぼ自家熟成状態で既に何年か置いたままの東一があったような……いつか飲まねば!……何か良いことがあったら!(!?)

 お、食べ物と結構合いますね~
 これは熟成の効果もあるかも?
 うん、良い。

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 山田錦100%使用
 精米歩合 49%
 アルコール分 16度
 製造年月 10.09
 五町田酒造(株)


2011年11月21日追記――
 穏やかな甘い香り。
 何らかのドライフルーツ風?

 穏やかです。
 味わいは初日と大きくは変わっていない印象。
 旨味が若干増えたぐらいでしょうか?
 含み香には若干パイナップル。
 飲みやすくて良いですね~


2011年11月22日追記――
 若干香りはしっとりと。

 甘味が若干増加。
 口当たりが少しだけしっかりとしてきました。
 旨味と後口の苦味も若干増。


2011年11月24日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味と刺激感が若干増加。
 少し尖った感じが出てきました。


2011年11月26日追記――
 余り強くはない若干しっとりとした甘い香り。

 アルコールの風味と苦味、渋味が若干増加し、口当たりには若干重量感が出てきました。
 少々崩れてきた印象です。
 開栓後は二、三日で飲み切った方が良さそうですねー

 近々新しい物も買って飲みます!


1797408942_130.jpg tag : 純米吟醸 五町田酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。