スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醸し人九平次 純米吟醸うすにごり 五百万石 (23BY)

 第525回目。
 「醸し人九平次 純米吟醸うすにごり 五百万石 (23BY)」――愛知県の酒です。
 なんだかんだで毎年飲んでいる酒なのですが(昨年一昨年)、今回の物から純米規格に変更になりました。
 で、深く考えずに数人でスパッと空けてしまったところ、酒質が結構大きく変わっておりまして……
 今にして思えば開栓後の変化を見なかったことを少々後悔しております……多分この酒質なら開栓二日目にはもっと柔らかく「開いて」いた可能性があったかな、と。
 23BYをまた買うかどうかは分からないのですが、次に買う場合はしっかりと変化も見ていこうと思います。

 しかし、近頃は酸を表に出す酒がかなり増えてきた気がします。(後は低アルコールの微発泡清酒も)
 濃い甘い酒質もまだまだ流行っていますが、少しずつ人々の嗜好も変化を向かえてきているのかもしれませんね~

 では本文をどうぞ!

――
 昨年の吟醸に比べるとだいぶ穏やかな香りに感じますねー
 米の香りも表に出てきたような?

 おお……味わい的にも酸が前面に出て、甘味もだいぶ控えめになり、結構派手さのあった昨年の物とは大きく変わった印象です。
 ううむ、この味わいも良い感じですが、あの「わかりやすさ」を捨ててしまったのは少々勿体無い気もします。
 ただこの炭酸の爽やかさは良いですね~
 ジューシー!

 混ぜて――
 甘味と旨味が若干増して穏やかな印象が強く。
 そして果実感が若干出現。
 この香りは……マンゴー?
 ただ派手という訳ではなく穏やかで飲みやすい感じです。
 グイグイいけます!

 食べ物との相性も、昨年の物と比較して甘味や香りが減ったため、だいぶ上向きました。
 うん、食中酒としても悪くないかも。

 印象はかなり変わりましたが、これもまたアリですね!
 でもやっぱり以前の路線を捨ててしまったのはちょっと勿体ないなぁ……

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 製造年月 23.12.
 (株)萬乗醸造


1810620405_21.jpg tag : 純米吟醸 萬乗醸造

コメント

非公開コメント

No title

あーこれ、行きつけの取扱店2件とも即行で売り切れで飲めなかったんです。
やっぱ、アル添から変わってましたか。新酒では特にアル添による“メリハリ”は大きい要素ですもんね。

24BYは逃さないようにしなきゃ。

Re: No title

ぽんちゅうさん、こんにちは。
私が買った店でも購入数に制限がかかっていましたし、元々の出荷量もそれほど多くなかったのかもしれませんね。
しかし最近は、近々出る酒とまとめて買おう!なんて思っている内に売り切れてしまう酒が増えてきた気がします……
多少の送料は気にしてはいけない、と思いつつもやはり金銭的に躊躇ってしまうのが……

メリハリですか……なるほど。
純米系にシフトするにあたって、ダレさせないためにも酒質を少し尖らせたと言うことも考えられますね。
ううむ、やっぱり外から想像するだけでも酒造りは深いなぁ……

No title

初めまして 泉川の検索で辿り着きました。
この醸し人九平次は あれ? あれ?と
思っているうちに呑み終わってしまいました。
白身の薄造りなどと合う感じがしました。
昨年のものを呑んでおけばもっとしっかり比べられたのですが
呑んでいません。残念。
これからも拝見させていただきます。

Re: No title

嘘さん?初めましてこんばんは。
確かにスルッと飲めてしまいますよね。非常に危険な酒です(笑)

白身の薄造り……うん、確かに合いそうな気がしてきました!
私の場合はその場にある食べ物と適当に合わせているだけなので、酒に合わせて食事をコーディネイト出来る方は尊敬の対象です。
いつかはそう言う方面までキチンと考えられるようになりたいのですが……道は遠いです。

今年も呑めずじまいか。

確かに最近、酸を前に出した酒が出てますね。去年のdancyuも酸をピックアップしてましたから。白ワインを意識して?。
淡麗辛口好きには辛いかねえ?。

Re: タイトルなし

エクスプロイダーさん、こんばんは。
おお!そう言えば酸特集でしたね……当時はまだ実感が乏しかったせいか、今の今までスッカリ忘れておりました(笑)

多様性が増しただけだと思いますので、大丈夫だと思いますよー
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。