スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒龍 吟醸 いっちょらい

 第536回目。
 「黒龍 吟醸 いっちょらい」――福井県の酒です。
 久々の黒龍になります。……居酒屋などではちょくちょく飲んでいたのですけども。
 この銘柄にも色々と再挑戦したいですね……ただ高価格帯の物は金銭的にもうちょっと後で(笑)

(飲み始め:2012年01月23日)

 軽快さのある甘い香り。
 これは……砂糖菓子に、何らかのフルーツが若干……何だろう?

 うん、わずかに刺激感がありながら軽快で良い感じです。
 コロンとした口当たりの軽快な甘味と旨味、そしてスッキリ柔らかい酸味がスルッと。
 後口には若干の渋味と苦味。
 クセが無くてかなり飲みやすいですね~
 スルスル飲めます!

 お、食べ物とも結構合いますね!
 かなり幅広い物と無難に合わせられる印象です。

データ――
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 原料米 福井県産五百万石100%使用
 精米歩合 55%
 アルコール分 15度
 製造年月 11.7
 黒龍酒造(株)


2012年01月24日追記――
 香りは若干しっとりと。

 刺激感が増加し、口当たりは若干ピリッと。
 酸味が増して、渋味と苦味も若干増。
 甘味は若干減少。
 初日が結構綺麗な感じだったので、変化がちょっと目立ちやすいかも?


2012年01月25日追記――
 旨味を感じさせる香りが増加。

 アルコールの風味と旨味、苦味が若干増加。
 若干口当たりがしっかりしつつクセも若干増、ただまだ悪くないです。


2012年01月27日追記――
 エステル香が若干増加。
 若干香りに重量感。

 旨味が若干増え、渋味もわずかに増加。
 含み香には若干酒。
 若干個性が弱まってきました。


2012年01月29日追記――
 アルコールの香りが増加。
 ラムネと酒の香り?

 アルコールの風味が増加し、若干キリッとした雰囲気に。
 口当たりにはわずかに引っかかる感触が出現。
 後口にはエグみも少々。
 綺麗さや個性は減ってきていますが、余り崩れた感じではありません。
 ただもっと綺麗な内に飲んだ方が旨いと思います。
 開栓後は……出来たら初日に、もしくは二日目までに飲み切るのがお勧めですね~


1816285740_235.jpg tag : 吟醸 黒龍酒造

コメント

非公開コメント

初「黒龍」がこの酒でしたね。冷やが旨かった。
とか言いながら、それ以降全然呑んでない。本醸造か普通酒でも良いから呑んでみようかなあ…いつか。

Re: タイトルなし

お、こいつでしたか。
しかしタイミングの問題などが重なると、しばらく離れちゃったりとかありますよね。
……ここは高級品の限定酒を私の代わりに是非!(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。