スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒松剣菱 特撰

 第56回目。
 二日連続で特殊な酒だったので、今回は定番酒(?)です。
 全く違う感じの酒を飲むのは楽しいですね~

(記述日:2008年08月23日)

 定番酒を飲もう。第六回!
 本日は酒所として有名な灘の酒ですよー
 「黒松剣菱 特撰(本醸造)」
 ディスカウントストアで見かけた一合瓶!……飲み過ぎなくて済むのが素晴らしい!(笑)

 非常に「いわゆる日本酒」らしい、少々重ためな香り……でもどこかフレッシュな香り。
 ……結構こういう香りもアリですね。

 まず口に広がるのはハッキリとした酸味。
 続いて舌先への甘味と同時に、少々重ための酒の香りと木の香りが鼻に抜けていきます。
 そして舌全体に酸味が広がった後、喉の奥に渋味を残して喉の奥に消えていく……
 まさに直球――オールドスタイルの味わいです。

 確かに日本酒を飲み慣れていない人には重たいかもしれませんし、日本酒好きの人でもこのタイプの味が苦手な人もいるかもしれません。
 でもこの酒にはこの酒の良さがある。私はそう考えます。……まあ結局は人それぞれの好み、なんですけどね(笑)

 食中酒としては見事!
 食べ物の味を邪魔せず、脇からそっと手を差し伸べているイメージ。
 ……そこを目指して造られた酒なのかと、錯覚してしまうぐらいです。

 燗――
 甘味が膨らんでフワリと広がるように。
 しかし少々香りも強くなりますので、これもまた人を選ぶかも?
 ただこれも完全に好みの問題ですね。
 私の好みはどちらかと言えば、冷酒や冷やの方かな?

 しかし一合瓶は普段なかなか手に取らないような酒と、手軽に触れ合えるので良いですね。
 開栓後の変化を追えないのは少々勿体無いですが……
 有名銘柄の一合瓶……これはちょくちょく続けるかもしれません。

データ――
 アルコール分 16.5度
 原材料名 米、米麹、醸造アルコール
 製造年月 20.4.2
 剣菱酒造(株)


911249474_75.jpg tag : 本醸造 剣菱酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。