スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 澄酒 生酒

 第545回目。
 「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 澄酒 生酒」――群馬県の酒です。
 裏ラベルによると「澄酒とは、しぼったお酒の上澄みを集めたお酒です」とのこと。
 旨そうで良い説明ですね!……ただせっかくなのでその残った部分も飲みたいかも(笑)

(飲み始め:2012年02月16日)

 スッキリとした、若干の甘酸っぱさを感じられる香り。
 サクランボ風の香りもわずかに?

 口に含んだ瞬間のふっくらとした口当たりから、若干ピリッとした刺激感が広がります。
 穏やかな甘味と旨味、酸味がメインで、柔らかく軽快な苦味と渋味が良いアクセント。
 フレッシュ感はそれほど強くないですが、新酒らしい爽やかさが感じられます。
 む、飲んでいる内に若干アルコール感が立ってきました。
 これはこれで!

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 ただ甘い物とは若干合わないかな?
 無理に食べ物と合わせなくても良いかも。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 47%
 アルコール分 16.5度
 日本酒度 +1
 酸度 1.3
 製造年月 23.12
 龍神酒造(株)


2012年02月17日追記――
 甘い香りが増加。
 若干スッキリと。

 刺激感が若干増加し、キリッとした雰囲気が強く。
 む、ただ飲んでいる内に穏やかさが増してきました。
 旨味と酸味、アルコールの風味が若干増加。


2012年02月18日追記――
 香りはさらにスッキリと。

 アルコールの風味と刺激感が若干増加し、さらにキリッと。
 ただ前回とそれほど変わらない感じですねー


2012年02月20日追記――
 アルコールの香りと若干のエステル香。

 刺激感が若干減少し、どこかスッキリ穏やかになった印象。
 そして甘味が若干増加。
 全体的に雑味が増えてはいるのですが、バランスはとれてる感じです。
 スルッと飲めます。


2012年02月22日追記――
 香りは若干減少。

 旨味と甘味が若干増え、かなり落ち着いた飲み口に。
 ピリピリした刺激感はほぼ無くなりました。
 渋味や苦味などの雑味はそこそこあるものの、穏やかで飲みやすいです。
 好みの問題もあるので一概には言えませんが、個人的には初日と別方向でアリだと思います。
 というか私はこの感じ結構好きです(笑)
 ただこれはいつまでに飲んだ方が良いかはハッキリと言えないかも……
 初日の感じが気に入ったらそのまま飲みきってしまって良いと思いますし、細かい粗が気にならないのであれば一週間経っても十分楽しめるのではないでしょうか。


1822750641_113.jpg tag : 純米大吟醸 龍神酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。