スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳凰美田 碧判 純米吟醸原酒 無濾過本生

 第551回目。
 「鳳凰美田 碧判 純米吟醸原酒 無濾過本生」――栃木県の酒です。
 ちょくちょく利用している酒販店のサイトで「鳳凰美田の中で一番人気」と書かれていたのを見て購入しました!
 ……いつものことですが一番とか受賞とかそういう言葉に弱いんですよねー(笑)
 で、私も今回飲んでみて、今までに飲んだ鳳凰美田の中で――と言う程余り種類は飲んでいませんが――これが一番好みの味わいに思えました。
 華やかさはありながらも結構柔らかいので、こうスルッと飲めてしまう感じが!
 そして最高級品も飲んでみたくなりました。うん、いつかきっと飲もう……

(飲み始め:2012年03月05日)

 柔らかくフルーティな香り。
 イチゴに……若干ヨーグルト?

 お、味わいも柔らかくて良いですね~
 柔らかい酸味と甘味、旨味がスルッフワッと。
 含み香は上立ち香と同じ。
 んー、飲みやすい!
 軽快で柔らかいのでグイグイイケます。

 華やかさもありますが、余り派手派手しい感じではないので、香りに関しては食べ物との相性も問題無しです。
 味の薄い物には甘味が干渉しますが、甘味のある物との相性は良し!
 すき焼きとかとも合いますね~

データ――
 原材料 米、米麹
 原料米 若水米100%
 精米歩合 55%
 アルコール分 17%以上~18%未満
 製造年月 平成24年1月
 小林酒造(株)


2012年03月06日追記――
 アルコールの香りが若干増えて、しっとりとした感じが強く。

 旨味が若干増加。
 スッキリとしながら、ほんのり味わいが太く。
 ただ軽快で柔らかい感じはそのままです。
 飲みやすい!


2012年03月07日追記――
 酸味と旨味を感じさせる香りが増加。
 若干太い香りに。

 甘味と旨味が若干増加。
 アルコールの風味と渋味もわずかに増。
 口当たりが若干しっかりとしてきました。
 舌触りには少しだけ引っかかる感じも。
 ただ味わい的には全く崩れていません。
 含み香も穏やかに。
 まったりと飲めますね~


2012年03月09日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。
 ただ基本の香りはイチゴ系のままです。

 酸味と旨味が若干太く。
 ピリッとした舌触りがほんの少し出現。
 後口の渋味も若干増加。
 少々雑多さが出てきました。
 ただこれはこれで!


2012年03月11日追記――
 この香りは……しっとりとしたイチゴ風の酒に、若干米とヨーグルト。

 アルコールの風味と渋味が増え、口当たりの引っかかる感じもさらに強く。そして雑多さも増加。
 しかし全体を見ると細かい粗が目立つものの、これはこれで味わいのバランスは取れている感じです。
 太く丸みを帯びてきた旨味もなかなか……
 華やかな感じも良かったですが、このまったり感も悪くないですね~
 ただまあ開栓直後の味わいが好きであれば、無理にここまで置かずにスパッと飲み切ってしまっても良いと思います。


1827490027_112.jpg tag : 純米吟醸 小林酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。