明鏡止水 純米酒 ラヴィアンローズ

 第560回目。
 「明鏡止水 純米酒 ラヴィアンローズ」――長野県の酒です。
 変わった名前の酒を見かけると気になって仕方ないんですよねー
 ……と言う訳で、今回は金ピカラベルな低アルコール酒になります。
 最近買った雑誌でも紹介されていましたし、もしかして有名だったりもするのでしょうか?
 ちなみに次回更新(明後日ぐらい?)は明鏡止水の別スペックの物になります。
 では本文をば。

(飲み始め:2012年03月25日)

 低アルコール酒らしさもある軽快な甘い香り。

 香りと同様の軽快さと、しっとり感の合わさった丸い甘味、旨味、酸味が若干の苦味と渋味、わずかな刺激感と共にジワリと。
 うん、低アルコール酒として想像していたよりも結構腰の強さがありますねー
 なるほど白ワイン感覚と書いてあるのをどこかで見ましたが、これがか……
 少々没個性気味にも感じられますが、なかなかに飲みやすい感じです。
 うん、悪くない……
 ただ個人的にはもう少しらしさ(?)のような物が感じられたら嬉しかったかも?
 せっかくラベルも金ピカなのですし!(笑)

 お、甘い食べ物と合いますねー

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 55%
 アルコール分 13度以上14度未満
 製造年月 23.4.
 蔵出年月 23.11.
 大澤酒造(株)


2012年03月26日追記――
 香りは若干しっとりと。
 わずかにリンゴ風の香りも?

 部分的には若干濃い飲み口に、そしてそれとは反対に軽快さや穏やかさも強く。
 甘味と苦味が若干増。
 うん……私は今日の感じの方が初日よりも好きですねー


2012年03月27日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 味わいに関してもアルコールの風味が若干増加し、スッキリとした感じが強く。
 口当たりには若干刺激感。
 また少し印象が変わってきました。


2012年03月29日追記――
 香りは若干弱く。
 ほんの少しだけ甘酸っぱい香りも。

 アルコールの風味が若干増加。
 軽快で穏やかです。


2012年03月31日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味がさらに若干増。
 酸味や渋味も若干増え、舌触りに引っかかる感じも強く、口当たりには少々もったり感。
 味の骨格はそれほど変わっていませんが、ジワジワと粗が増えてきました。
 わざわざここまで変化を見る必要は無いと思います。
 開栓後は……三、四日以内に飲みきるべきでしょうか?
 私は開栓二日目が一番お勧めですねー


1832822248_132.jpg tag : 純米 大澤酒造

コメント

非公開コメント

No title

僕はこのお酒を選んだ作家さんが好きで何冊か本を持ってますが、
この酒を選んだのは意外でした。
甘いのが苦手だから、辛口や旨口系を選ぶかなあと。
作家さんは明鏡止水は贔屓の酒の一つだから、ただ甘いだけじゃないと思ったからかなあ?。

Re: No title

何だかアレ、結構適当に選んだ感じがありますよね(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif