ひめぜん Himezen Dry

 第589回目。
 「ひめぜん Himezen Dry」――宮城県の酒です。
 購入した店にはこのDryしか無かったのですが、他にはSweetや、リキュールに分類されるYuzuやUmeなど色々な種類があるようです。
 今度見かけたら是非購入しなければ!

――
 しっとりとした若干甘酸っぱさのある香り。
 穏やかな香りです。

 うん甘酸っぱくて穏やか。
 口当たりはペタッとして、結構濃さがあり、舌触りもしっかりとしているので、余り低アルコール低アルコールしてはいません。
 柔らかい酸味がメインで、軽快な甘味と穏やかな旨味、若干の渋味がスルリと絡みます。
 後口には若干苦味。
 なるほどこれがドライか……
 確かにそれほど甘味が前面に押し出されている感じではないので、甘い酒が苦手な方でも比較的平気だと思います。
 ……ただそもそもそう言う層の方は最初から手を出さない気も若干。
 普通の(?)ひめぜんだと少し物足りない人向け?

 食べ物と合わせるなら甘味のある物と。
 味の薄い物には甘味が干渉。
 無理に合わせなくても良いかも?


三日目――
 パン風の香りが追加?

 酸味と旨味が増加し、口当たりはしっかりと。
 含み香には何らかのアルコール?
 果実感と穀物感も。

 食べ物との相性は大幅向上!
 幅広く合わせられるように。


五日目――
 香りは若干弱く。

 おお、結構酸味が強くなってきました。
 口内がキュッと引き締まる感じです。
 苦味や旨味も若干増加。
 太い味わいです。


七日目――
 アルコールの香りが若干増え、しっとりとした印象に。

 酸味と旨味がさらに増加。
 苦味や渋味も若干増。
 若干飲みにくさを感じる方はいそうですが、ほんのりと健康飲料風の雰囲気も感じられるので、これはこれで個人的には悪くないと思います。
 ただわざわざ残してまで飲む必要はない気がしますので、私のようなマニア以外の方はご注意を(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 65%
 アルコール分 10度以上11度未満
 日本酒度 -40~-50
 製造年月 12.02
 (株)一ノ蔵


1843767112_126.jpg tag : 純米 一ノ蔵

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif