スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純米吟醸 田光(たびか) 雄町

 第591回目。
 「純米吟醸 田光(たびか) 雄町」――三重県の酒です。
 もう名前からしてかなり気になっていた銘柄になります!(笑)
 出荷量が余り多くないので出会えずにいたのですが、五月頃に立ち寄った店で偶然発見し大喜びで購入しました。
 先日のタモリ倶楽部でも紹介された酒店なのですが、あのこだわってる感じのラインナップは、酒マニア的には実にそそられるものがありますね~
 ……よし、近い内にまた遠征しなければ!
 その時にはこの銘柄もまた買えることを願いつつ――
 ……本文をどうぞ~

(飲み始め:2012年07月01日)

 若干スッキリとした感じもある穏やかな甘い香り。
 ……ごくわずかに柑橘系の香りも?

 おお!柔らかい!
 軽やかな旨味と柔らかく控えめな甘味が、若干刺激感を伴う優しい酸味と一緒ににジワジワと口内を満たします。
 そして上記酸味と共に柔らかい酒質に絶妙なアクセントを与えているのが、ほのかなアルコール感と渋味――
 うん、旨い。
 非常に良いバランスです!
 しっかりと丁寧に造られている感じが伝わってくる気がします……あー、良いですね~

 普通の食べ物には甘味が干渉。全く合わない訳ではありませんが、無理に合わせない方が良いと思います。
 しかし油っこい物や、味の濃い物との相性はかなり良し!
 居酒屋とかに置いてあったらこれは通っちゃうかもしれません(笑)

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 50%
 アルコール分 17度
 製造年月 24.3.月
 (名)早川酒造


2012年07月02日追記――
 香りはさらにスッキリと。

 甘味が増加し、渋味と苦味も若干増。
 刺激感もわずかに強くなり、口当たりは初日よりも力強く。
 グイグイイケますね~


2012年07月03日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 アルコールの風味と刺激感が若干増え、辛口な感じが強く。
 ビシッとくる口当たりです。


2012年07月05日追記――
 香りはしっとり、若干重量感が出現。

 アルコールの風味と苦味が若干増加。
 そしてさらに刺激感が増え、口当たりにはピリピリ感も。
 結構辛口な印象です。
 これはこれで個人的には嫌いじゃないですが、少々尖った感じが出てきました。


2012年07月07日追記――
 アルコールの香りに、若干ペタッとした感じの甘い香り。

 前回の変化がそのまま若干進んだ印象。
 さらに尖った感じも強く。
 ここまでは置かない方が良いですね……
 ただ濃い味の食べ物と合わせれば細かい部分が分からなくなるので悪くないかも?
 ……どちらにせよ開栓後は三、四日以内に飲みきるのがお勧めです!


1855983389_208.jpg tag : 純米吟醸 早川酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。