スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡龍 生もと純米酒 瓶燗火入

 第63回目。
 かなりクセの強い酒ですが、燗した時のふくらみ具合は素晴らしいです。
 苦手な人はそれでも駄目みたいですが……
 とりあえず日本酒を飲み慣れていない方は避けた方が良いかもしれません。
 しかしこの酒もハマる方は徹底的にハマる種類の酒だと思います。気になった方は是非~

(飲み始め:2008年09月06日)

 奈良県の酒です。
 「睡龍 生もと純米酒 瓶燗火入」

 酒の色は濃い黄色。
 ギッシリとした重たい酒の香り。
 スモーキーな、タクアンのような香りも感じます。
 昔ながらの日本酒の香りはこんなイメージかもしれないですね~

 濃厚な酸味。
 舌の先、口全体、舌の奥――強い酸味。旨味。
 甘味はわずか、後口には渋味。
 これはかなり人を選ぶ味と香りですね。
 苦手な人は全く受け付けないかもしれません。

 燗――
 熱燗は酸味が抑え気味になってふっくらとした印象。
 軽くなって優しい口当たり。
 これは旨い!
 何だろう?バターキャンディのようなふくらみ?
 面白いなー

 おお!食べ物にはもの凄く合います!
 ……冷酒の場合はあまり合わないかな?
 なるほど!この酒の本領を発揮させるには、熱燗にして食べ物と合わせるということですね!

 苦手な人は徹底的に苦手ですが、好きな人は本当に好き――そんな酒でしょうか?
 私は結構好きですね~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 65%
 アルコール分 15度
 製造年月 20.3.
 (株)久保本家酒造


2008年09月07日追記――
 冷酒は昨日よりスッキリしましたねー
 燗は相変わらず旨い!

 一週間後の変化を――と言いたい所でしたが、空になってしまったので断念(笑)
 やっぱり燗酒は量を飲めますねぇ……


925513799_24.jpg tag : 純米 久保本家酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。