スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯櫃(ぼんき) 純米酒

 第609回目。
 「飯櫃(ぼんき) 純米酒」――京都府の酒です。
 いつもの通り(?)見た目が気になったので購入しました。
 名前の由来を調べてみようと検索してみたら飯櫃は「めしびつ」とも読むみたいです――ってこちらの読みの方が一般的ですよね、多分。
 しかしこの酒質でこの名前なのか……ある意味ミスマッチ感が面白い、かも?
 あ、公式サイトで「ライムをしぼっていただいてもおすすめ」との表記が……今度また買ったら是非挑戦してみたいと思います!

(飲み始め:2012年08月30日)

 しっとり甘酸っぱい香り。
 若干スモモ風の香り。

 ふっくらとしつつもジューシーな酸味がメインで、若干ペタッとした甘味や旨味、軽めの渋味と共に、口内でポンと留まった後、舌にキュッと絡みつつ喉に降りていきます。
 こういう甘酸っぱい、というか酸っぱ甘い酒質で炭酸無しというのも珍しい気がしますが、これもまたアリですね……
 何と言うかちょっと変わった、個性的な梅酒を飲んでいるような感覚に近い飲み口でしょうか?

 食べ物との相性は意外と悪くないですねー
 結構甘味があるのにこれはスゴいかも。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 京都産山田錦100%
 アルコール度 8度
 日本酒度 -60
 酸度 5.8
 製造年月 2012.5
 丹山酒造(有)


2012年08月31日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。
 若干パンを思わせる香りも。

 お、酸味の腰が若干強くなった気がします。
 口内でキューッと。
 む、酸味だけじゃないですね、旨味や甘味など全体的に味わいが濃くなっています。
 初日に比べて飲み応えが結構出てきました。


2012年09月01日追記――
 香りは若干穏やかに。

 旨味が増加し、反対に酸味は柔らかく変化。
 丸っこい飲み口です。
 後口には若干渋味が増えてきていますが、飲みやすさは二日目よりも上な気がします。


2012年09月02日追記――
 前回よりも若干控えめな香り。

 前回の変化がさらに進んだ印象。
 旨味が味わいの中心に出てきた感じです。
 まったりと。


2012年09月04日追記――
 む……若干アルコール感の立った赤ワイン風の香り?

 お、若干質は変わっているものの再度酸味が前面に出てきました。
 そして酸味のすぐ後に続くのは旨味、甘味、渋味、若干苦味。
 結構複雑で多層的な味わいですねー
 しかし崩れた感じなどはなく、何も知らずに今日の状態の物を味わったら、元からこういう酒だったと思ってしまいそうです。
 うん、私はこの変化結構好きです……
 こうジワジワと変化していくのが楽しめるってのは良いですね~

 普段よりも追記期間が一日短くなってしまいましたが、この感じだと後数日ぐらいなら崩れず変化してくれると思います。


1868093974_148.jpg tag : 純米 丹山酒造

コメント

非公開コメント

お邪魔します。

美味しいですよねこのお酒。これを二次発酵させた彩膳もとても美味しかったです(*^^*)

手に入りにくいのが残念なんですが、そのうち丹山酒造さんに行ってみようかなとも思ってます。

Re: タイトルなし

i-noさん、ようこそいらっしゃいませ。
二次発酵させた物!……ううむ、それは魅惑的ですねー
そして基本出不精な私にとって、京都で酒蔵見学と言うのは羨ましくも眩しいプランです(笑)
……よし!とりあえず私は近場の百貨店に他の商品が入荷するよう祈っておきます!(?)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。