スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新政 純米歳時記 美発泡

 第611回目。
 「新政 純米歳時記 美発泡」――秋田県の酒です。
 裏ラベルによると、この純米歳時記というシリーズは「四季折々」の「旬の味わいの純米酒」とのことで、今回の物は「夏に向いた爽やかなお酒」だそうです。
 ……もう9月ですが暑いので問題ありませんよね?(笑)
 今年は余り夏酒を飲めませんでしたが、来年以降は「酒を買いすぎない」という方針に則り、もう少し色々と飲んで行きたいと思います。
 このシリーズの秋バージョンも気になりますねー

(飲み始め:2012年09月02日)

 何らかのフルーツを思わせる香り。
 これは……ブドウ?

 おお、ふっくら、そしてさっぱりとした飲み口です。
 舌に絡む穏やかな甘味と旨味を、さっぱりと洗い流す爽やかな炭酸の刺激感と酸味。
 そこからさらに軽快な甘味と旨味、酸味、柔らかい若干の渋味と苦味がフワリと口内で広がります。
 後口の苦味も良いアクセント。
 良いですね~
 爽やかでグイグイとイケます。

 食べ物との相性も結構良し。
 味の濃い物やこってりとした物、甘い物とかなり合います!

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 秋田県産酒造好適米100%使用
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度
 使用酵母 六号酵母
 製造年月 12.07
 新政酒造(株)


2012年09月03日追記――
 香りは若干控えめに。

 炭酸が減って、若干口当たりが濃く、そして柔らかく。
 旨味と炭酸以外の酸味が増加。
 結構穏やかな印象になりました。


2012年09月04日追記――
 ヨーグルト風の香りも若干。

 甘味と旨味が若干増加し、口当たりはさらに濃く、若干ペタッと。
 ただ酸味と超微炭酸の刺激感がそれらを軽く引き締めているので、バランスは良い感じです。


2012年09月06日追記――
 香りは若干涼しげに。
 ブドウに若干ラムネ?

 酸味が減って甘味が若干増加。
 炭酸もだいぶ減ったため飲み口はかなり穏やかに。
 ただ前回感じた濃さは余り感じず、スッキリ柔らかい印象です。
 うん、私結構この感じ好きです。


2012年09月08日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 炭酸はほぼ消滅し、穏やかな旨味が味わいのメインに。
 酸味の質も落ち着いた感じに変化しており、さらに穏やかな印象を強くしています。
 全体的に渋味や苦味などの雑味も増していますが、メインの味と酒質のおかげでそこまで気になりません。
 落ち着く味わいです。

 炭酸が抜けることもあって開栓後は結構大きく変化しますが、崩れた感じはしないので、のんびりと変化を楽しんでみても良い気がします。
 ……ただやはり「美発泡」という名前もついていますし、炭酸がしっかりとある内に飲みきるのが正しいと思われますので、その辺りはお好みでお願いいたします。


1868637072_151.jpg tag : 純米 新政酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。