スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔鯨 純米吟醸 吟麗

 第614回目。
 「酔鯨 純米吟醸 吟麗」――高知県の酒です。
 酒どころ土佐の、飲み応えたっぷりな辛口酒になります。
 本文中にも書きましたが、こういった感じの力強い酒も良いですよね~
 土佐の方々は晩酌に一升単位で酒を飲み干している、というのは私がどろめ祭りをテレビで見て以来勝手に持っているイメージですが(笑)、やはり余り強くない一酒飲みとしては、その程度余裕でこなせるぐらいの頑健さを一度は身につけてみたいものです。
 ……あれ?これは一体何の話でしょう?(笑)
 ……何にせよ今回の酒は、力強い辛口の酒が飲みたい方にお勧めです!
 では本文をば!

(飲み始め:2012年09月13日)

 お、綺麗な香りですね!
 スッキリ柔らかい甘い香り。
 若干ラムネにブドウ?

 おお!香りから想像していた味わいよりも、キリッと辛口です!
 不思議と柔らかさも感じられるアルコールの風味と酸味が、口内をビシリと力強く引き締め、そのままスルリと喉の奥に存在感を示しつつ滑り落ちていきます。
 続くのはフレーバー程度(?)の甘味、後口にはアルコール感にわずかな渋味。
 あー、飲み応えがあって良いですね~
 こう、酒を飲んでいる!って感じがたまりません(笑)

 食べ物とも合いますねー
 何であってもスッキリ洗い流してくれます。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 松山三井100%
 精米歩合 50%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +7
 酸度 1.6±0.1
 アミノ酸度 0.9±0.1
 使用酵母 熊本酵母
 製造年月 2012.03
 酔鯨酒造(株)


2012年09月14日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 柔らかい印象も若干増。

 やはり辛口ですねー
 酸味、甘味、旨味、後口の渋味が若干増加。
 舌に絡む感じが少しだけ強く。
 力強くて良い飲み口です。


2012年09月15日追記――
 前回と同様、アルコールの香りは若干増えつつも柔らかい印象に。

 酸味と甘味、渋味と苦味が若干増加。
 じわじわ味が増えてきました。


2012年09月17日追記――
 アルコールの香りに、ほんのり甘酸っぱさも感じられる香り。

 酸味と旨味がメインで、続くのは渋味と苦味。
 味が多い感じで、口当たりは少しピリッとしてきましたが、酒質的には若干柔らかくなり、辛口さは減った気がします。


2012年09月19日追記――
 香りは余り変わらず。

 酸味と渋味、苦味が増加。
 急激にクセが出てきました。
 辛口感はさらに減りましたが、少々飲みづらい印象です。
 ここまでは置かない方が良いですね……

 お、食べ物と合わせたら細かい粗が気にならなくなりました。
 もし開栓後ある程度置いた場合は、食べ物と一緒にグイッと飲んでしまいましょう!


1870647643_108.jpg tag : 純米吟醸 酔鯨酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。