スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソッガ ミヤマニシキ2011 ノスタルジー古典生もと 純米吟醸原酒

 第623回目。
 「ソッガ ミヤマニシキ2011 ノスタルジー古典生もと」――長野県の酒です。
 ワインメーカーが趣味的に極少量作り上げる「採算を無視した酒」――と、今回は久々の小布施酒造の酒になります。
 ネット販売を止めてしまわれたのでなかなか買えなくなってしまったんですよね……
 ちなみに裏ラベルによると、古典生もととは「現代の生もと」では可能な「培養乳酸菌添加や硝酸カリウム添加」を行っていない物だそうでして……しかし生もとが乳酸菌を添加しても良かったとは知りませんでした……確かに生もとはラベルの表示事項ではないので多少融通が利くとは思いますが、それにしても……ううむ。
 ……細かい話はともかくとして、今回のこのノスタルジーは「天然酵母が途中でスタックして、低アルコールの残糖の多いものに仕上がってしまいました」とのことですので、おそらく来年以降の同名の酒とは全く違う感想になると思われます。ご注意ください。
 では本文をば!

(飲み始め:2012年10月11日)

 しっとり重厚さのある甘酸っぱい香り。
 白ワイン+旨味を感じさせる香り?

 んー、重厚!
 味が多いですね~
 ただキチンとまとまった印象なので、余り雑多さは感じません。
 非常に独特というか個性的な味わいです。
 口内を満たすたっぷりの柔らかい酸味と旨味、その後ろからはしっとり濃いめの甘味に軽快な苦味、後口で再び酸味が主張した後、じわじわと消えていきます。
 含み香には麦焼酎ぽさも若干?
 なかなかにクセのある酒質なので若干人を選ぶとは思いますが、不思議とスルスル飲めてしまいます。
 うん、私結構好きですこれ。

 食べ物との合わせるなら味の濃い物や酸味のある物と。
 他の物には酸味や甘味が干渉。

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 長野産美山錦
 精米歩合 59%
 アルコール分 14%
 日本酒度 -13
 酸度 3.7前後
 製造年月 12.3
 小布施酒造(株)


2012年10月12日追記――
 甘酸っぱい香り。……何らかのフルーツビール風の香りも?

 酒質の太さが強く。
 酸味と苦味、旨味が増加。
 口当たりは若干ピリッと。
 少しバランスが尖ってきました。
 ただまだまだ悪くないです。


2012年10月13日追記――
 濃い香り。
 アルコールの香りが若干増加。
 にごり酒のエキス分の多さを想起させるような香りも。

 若干崩れてきました。
 旨味、酸味、渋味、エグみが増加。
 舌に引っ掛かる感じも少々。
 ううむ、重量感やクドさが出てきてしまいました……


2012年10月15日追記――
 エキス分たっぷりな香りにアルコールの香り。
 若干重たさも。

 前回の変化がそのまま進んだ印象。
 結構苦味も強いです。
 だいぶバランスも尖ってきました。


2012年10月17日追記――
 しっとりとした濃い香り。

 苦味と酸味が増加。
 含み香には貴醸酒ぽさも。
 んー、尖った飲み口ですが、何だか飲んでいる内に慣れてきたのか、結構悪くない気がしてきました!
 酸っぱ渋苦いので他の方には全く勧められませんが、この尖りっぷりも…………
 ……まあ開栓後はなるべく早く、可能なら二日以内には飲みきるべきですねー


1875425423_58.jpg tag : 純米吟醸 小布施酒造

コメント

非公開コメント

No title

先日、秋田の天の戸が生もとの純米大吟醸を出したのですが、きっかけが杜氏さんがここの酒を呑んで衝撃受けて、交流して生もとを学び造った酒だそうです。
純大吟だから高いけど。

Re: No title

ほう……やはり信念を持って酒造りをされていると、自然と交流の輪が広がっていくんですかね。
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。