スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒

 第627回目。
 「川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒」――長野県の酒です。
 久々の川中島幻舞ですねー
 家から電車で数駅ぐらいの場所に特約店が見つかったので、多分次の感想も余り時間を置かずに――いや、こういうことを書くと逆に遅くなりそうなので、やめておきます(笑)
 公式の通販でも扱ってくれたら良いのになぁ……

(飲み始め:2012年10月25日)

 うん、久々の濃厚な生酒らしい(?)甘い香りです。
 シロップにほんのりクリーム?

 おお濃厚!
 フレッシュな甘味と旨味がたっぷりです。
 しかしそれでいてそのフレッシュさと、ほのかにジューシーな酸味と若干の刺激感が、酒質を軽快にしています。
 後口には若干苦味。
 うん、アルコール度数が若干高めな印象も受けますが飲みやすいです。

 食べ物との相性は、味の薄い物には若干甘味が干渉するものの、合わないという訳ではありません。
 そして他の物とはなかなかに合う感じです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 59%
 アルコール分 17度
 製造年月 24.9
 (株)酒千蔵野


2012年10月26日追記――
 アルコールの香りが若干増加。
 香りは、しっとりとしつつ全体的に控えめな印象に。

 酸味と甘味、アルコールの風味が若干増加。
 口当たりにはピリッとした刺激感が追加、部分的には軽快に、部分的にはしっかりと。
 後口の苦味も若干増加。
 綺麗さは若干減りましたが、まだまだ良い感じです。


2012年10月27日追記――
 香りはさらにしっとり落ち着いた印象。

 ピリッとした刺激感と酸味、旨味と苦味が若干増。
 初日の濃厚さは弱まってきましたが、口当たりの力強さは増えた感じですねー
 だいぶ印象が変わってきました。結構飲み応えもあります。


2012年10月29日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味と酸味、苦味が若干増加。
 飲み口の力強さは余り変わらないものの、どこか落ち着いた感じも出てきた気がします。
 綺麗さは減ってきていますが、これはこれで悪くないかも。


2012年10月31日追記――
 若干香りはペタッのとした感じに。

 ピリピリとした刺激感と苦味、渋味が増加。
 だいぶ味わいが尖ってきました。
 元の雰囲気は若干残っているのですが、雑味が大きく干渉しています。
 少々飲みづらさも。

 開栓後は早めに飲みきった方が旨いですね。
 出来たら……二日以内に飲んでしまうべき、かも?


1877618304_243.jpg tag : 特別純米 酒千蔵野

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【川中島幻舞 特別純米 】

 第627回目。 「川中島幻舞 特別純米 無濾過生原酒」――長野県の酒です。 久々の川中島幻舞ですね

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。