スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田酒 一号しぼり 特別純米 生原酒

 第631回目。
 「田酒 一号しぼり 特別純米 生原酒」――青森県の酒です。
 製造年月日が平成24年10月31日というまさにしぼりたて!……季節感バッチリです!(笑)
 しかし特別純米ということですが、この酒を火入れして加水(後は熟成?)するとレギュラー商品の特別純米酒になる感じなのでしょうか?うう、む? (特別純米酒の感想その1その2)
 ……む、よく見てみると結構前の感想ですね……これはリベンジしなければ!
 ……
 それにしても酒店のサイトをちょくちょくチェックするのって結構重要ですよね……偶然発見できてラッキーでした。
 プレミア価格がついてしまうような酒は無理にしても、少々珍しいぐらいの酒なら通販でも結構買えてしまったりするのがなかなか……
 ……まあ、余計な話はともかくとして、本文をどうぞ!

(飲み始め:2012年11月04日)

 フレッシュな甘い香り。
 この香りは……マスカットにラムネ?

 うーん、フレッシュ!
 若干若さというか硬質な感じはありますが、軽快さのあるみずみずしい酸味と旨味がスルリと口内を撫で、若干の渋味と苦味を残しつつも、フワッと解けていきます。
 そして最後に旨味がジワリと。
 あー、良いですね~
 時間を置いて丸みを帯びた味わいも良いですが、この季節感を味わう感じもまた良し!
 クイクイイケます。

 おお!食べ物と合いますね!
 何にでも合わせられそうです。
 焼き魚と合うなぁ。

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 55%
 アルコール分 18度
 検定年月日 H24.10.30
 製造年月 H24.10.31
 (株)西田酒造店


2012年11月05日追記――
 香りは若干腰が強く。

 初日よりも若干濃い印象に。
 増加したのは甘味と刺激感、そして苦味が少々。
 やはり若い感じはありますが、なかなかに飲み応えもあって良いですねー


2012年11月06日追記――
 若干香りはしっとりと。

 酸味と渋味、旨味が若干増加。
 刺激感もさらに若干増。
 少々味は増えてきましたが、なかなかに良いバランスです。


2012年11月08日追記――
 アルコールの香りが増え、さらにしっとりとした香りに。

 アルコールの風味と渋味、苦味が若干増加し、辛口な印象が出現。
 結構尖った飲み口になってきました。
 若干呑みづらさも。


2012年11月10日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの刺激感と苦味、甘味が若干増加。
 やはり尖った少々飲み口です。
 まだ個人的には嫌いじゃないですが、ここまでは置かない方が旨いです。
 開栓後は早めに飲みきりましょう!……出来れば三日以内に!(?)


1879124322_86.jpg tag : 特別純米 西田酒造店

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【田酒 一号しぼり 特別】

 第631回目。 「田酒 一号しぼり 特別純米 生原酒」――青森県の酒です。 製造年月日が平成24年10月

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。