スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゆら 発泡性純米酒

 第636回目。
 「たまゆら 発泡性純米酒」――長野県の酒です。
 相変わらず見かける度に、低アルコール発泡日本酒を購入しております。
 どれも似たような感じかと思いきや、それぞれが結構違う個性を持っているので、飲んでいると何だかこう楽しくなってくるんですよね!
 飲み比べてみるのもお勧めですよ~

 では、本文をどうぞ。

――
 しっとり穏やかな甘い香り。
 ……ブランデーを思わせる香りも極わずかに?

 お、甘酸っぱい!
 爽やか酸味がメインで、若干の苦味と相まって柑橘系の雰囲気も。
 舌触りはしっかりとしていますが、炭酸が結構強めなので、重たさは全くありません。

 混ぜて――
 おお!一気に複雑な味わいに。
 旨味と酸味、苦味が増加。渋味も少々出現。
 うん、良いバランスですね~
 グイグイ飲めるのでそのまま一本空けてしまえそうです!

 食べ物とは甘味や酸味が干渉。
 食前酒や食後酒向けかも?


二日目――
 香りは若干しっとりと。
 ワイン風の香りと……麦焼酎を思わせる香りがわずかに?

 旨味、甘味、酸味、渋味が若干増加。
 複雑な甘酸っぱい味わいで、初日よりも落ち着いた印象。
 うん、私は結構この感じ好きですねー


三日目――
 焼酎の酸を思わせる香りが若干出現した、ような?

 前回の変化がわずかに進んだ印象で、余り大きく変わってはいません。


五日目――
 穏やかな赤ワインを思わせる香り。

 甘味と渋味が若干増加。
 香りと相まってワインぽさも若干。


七日目――
 アルコールの香りと甘酸っぱい香りが若干増加。
 やはりワインぽさも。

 酸味と渋味、苦味が若干増。
 グレープフルーツジュースのような雰囲気もアリ。
 これはこれで悪くないかも。
 ……ただ私のようなマニアでも無ければ、無理にここまで置く必要は無い、かな?
 造り手の方々は当然開栓初日に飲みきることを想定されてると思いますし。
 まあ早めにスパッと空けてしまいましょう!

データ――
 原材料名 米、米麹
 精米歩合 70%
 アルコール分 8度以上9度未満
 製造年月 2012.4
 橘倉酒造(株)


1875641688_88.jpg tag : 純米 橘倉酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。