スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿櫻 特別純米 無濾過原酒生

 第639回目。
 「阿櫻 特別純米 無濾過原酒生」――秋田県の酒です。
 試飲販売で購入しました、が、今回の瓶は本文中でも書いた通り少々変質の見受けられる物でした。
 ……日本酒は(他の酒も?)時々これがあるから怖いんですよね。初めて飲んだ酒が変質していたならば、再度飲むまでは、変質した味を元にした評価をその酒に持ち続けてしまう訳ですから。
 ただまあ、今回の酒に関して言えば、試飲販売で多少なりとも元の味を覚えていたことに加え、変質もそれほど酷い物ではなかったので、そのまま感想を続けさせていただきました。
 なので、この酒本来の感想とは違うものである、と認識された上でお読みくださると幸いです。
 必ず再挑戦しますので、正確な(?)感想はその時までお待ちください。

(飲み始め:2012年11月29日)

 しっとり濃厚な香り。
 アルコールの香りに重量感も少々。

 おお、キリッと!
 香りから想像されるような濃厚さは一瞬フワリと感じるぐらいで、力強い味わいが全体をググッと引き締めるため、重たさはほとんどありません。
 アルコールの風味と酸味、若干の渋味がビシッと口内で自己主張し、そこから穏やかな旨味と酸味、若干の甘味がフワリと広がります。
 含み香は上立ち香と似た印象なので、少々アンバランスさもありますが、逆に面白くて良い感じです。
 飲み応え十分!
 ……あれ?ただ試飲した時はもっと軽めな飲み口だったような?
 ……うん、アルコール感はもっと控えめだった、筈……多分。 (追記:正解でした)

 食べ物とはアルコールの風味が若干干渉。
 合わせるなら味の濃厚な物をつまみながら飲むのが良いかも?

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 精米歩合 60%
 アルコール分 17度
 製造年月 24.10.
 阿桜酒造(株)


2012年11月30日追記――
 香りは若干スッキリと。

 やはりキリリとした飲み口ですが、初日よりも柔らかく軽快になった印象。
 甘味と酸味が若干増加。
 うん、初日に感じた若干のアンバランスさは消え、だいぶまとまりが良くなりました。
 良い感じです!


2012年12月01日追記――
 香りは穏やかな印象が強く。

 お!かなり印象が変わってきました!
 甘味と旨味が増加し、刺激感は減少!
 穏やかな旨口酒といった感じに。
 ……ああ、試飲した時はこんな味わいでしたよ、うん。
 初日の感じも嫌いではなかったんですけども、やはり若干ハズレ瓶だったみたいですね……で、開けて空気に触れたことで揺り戻しが起きた、と。
 どの会社の酒でも起こりえることですが……よく戻ってきてくれた!ありがとう!(!?)
 グイグイイケます!


2012年12月03日追記――
 しっとり甘い香りが若干増加。

 甘味と酸味、アルコールの風味が若干増。
 渋味と苦味も少し増加。
 初日とはまた違った感じで飲み口に力強さが出てきました。


2012年12月05日追記――
 アルコールの香りが強く。

 アルコールの風味と刺激感、渋味と苦味が増加。
 舌に引っ掛かる感触も強く。
 結構バランスが崩れてきました。
 個人的にはまだ嫌いじゃないですが、早めに――
 ああ……この瓶に関してはそうも言い切れないんでした……
 ただまあ普通なら初日は、三日目の味わいを基本にして綺麗さを加えた感じの酒質だと思うので、早めに飲むので問題ないと思います。
 いつかリベンジしますよー!


1882706755_12.jpg tag : 特別純米 阿桜酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。