スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くどき上手 純大吟古酒十年 山田錦45% 生詰

 第651回目。
 「くどき上手 純大吟古酒十年 山田錦45% 生詰」――山形県の酒です。
 かなり前に、日本酒初心者にお勧めの銘柄と書いた覚えがありますが、今回の物はそれに該当しないのでご注意ください。
 ……いやぁ、三が日に飲む酒が決まってなかったので、昨年末に駆け込みで数種類買ってきた酒の一つなのですが、振る舞い酒として出すには少々相応しくありませんでした……ここまでマニアックな酒質だとは……
 やはりせっかくの正月ですし、もっとわかりやすく、お客さんが素直に美味しいと言ってくれるような酒を選ぶべきでしたねー
 ちなみに本文中の「くどき上手らしい酒を期待して飲むと~」のくだりは私のことです(笑)……来年はキチンとリサーチしてから買おう。うん……

 あ、ただ、さんざん文句を言ってますが、飲むシチュエーションが失敗だっただけで、普通に飲んだと考えれば決して悪くない酒だと思います。
 まあ、くどき上手というよりは純粋に古酒寄りなのでその辺りが少々……

 ……では本文をどうぞ。

(飲み始め:2012年12月31日)

 甘く穏やかな香りに、やはり穏やかな熟成香と若干のアルコールの香りが絡みます。
 ほんのり不思議な印象。

 ……おお?結構変わった感じの酒ですね。
 ハッキリとした甘味に絡むのは、若干熟成感を伴う腰のある酸味に、ピリリとしたアルコールの風味、そして何よりも上立ち香からさらにハッキリと強まった含み香……
 何と言うか……古酒らしい古酒から、少しだけくどき上手寄りに酒質を引き寄せた酒?――そんな感じでしょうか?
 なので古酒や熟成酒が好きでない方には全くお勧め出来ません。
 特にくどき上手らしい酒を期待して飲むと痛い目を見る可能性があります。ご注意を。
 ……しかしまあ、この感じが逆に良い気もする、ような?
 そして何杯か飲んでいる内に、体に馴染んできたのか、熟成感が弱まり飲みやすさが上がってきた気がします。
 ああ、くどき上手のらしさが(ほんの少し)出てきたかも……

 味の薄い食べ物には若干甘味が干渉するものの、なかなかに合う印象。
 他の物との相性は結構良し!
 これはなかなか……

 燗――
 刺激感や熟成香は増えるものの、ほんのりとホットワイン風の雰囲気があります。
 旨味、甘味、酸味がたっぷり!
 この違いは楽しいかも。

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦100%
 精米歩合 45%
 アルコール分 17度以上18度未満
 日本酒度 -1
 酸度 1.5
 使用酵母 小川10号
 蔵出年月 201211
 亀の井酒造(株)


2013年01月01日追記――
 香りは軽快になり、熟成香は少しだけ控えめに。

 うん、上立ち香と同様に含み香も軽快になりました。
 口当たりは柔らかく。
 初日の古酒対くどき上手の比率が8:2だとしたら、今日は6:4ぐらいでしょうか?
 さらなる変化にも期待です!


2013年01月02日追記――
 アルコールの香りが若干増え、さらに香りは軽快に。
 熟成香と酸味を感じさせるが若干。
 ……熟成香がタマネギっぽい香りのようにも?

 お!穏やかで良いですね!
 くどき上手:古酒の割合は前回と余り変わらない感じですが、古酒部分が丸く柔らかく変化したので、かなり飲みやすさがアップしました!
 そしてそこからフッと顔を出すくどき上手っぽさ……
 うん、アリだ……

 燗すると甘味がさらに強く。
 これはこれで。


2013年01月04日追記――
 香りは結構控えめに。
 穏やかで軽快さのある熟成香。

 アルコールの風味と旨味が若干増加。
 甘味は若干減。
 うん、穏やかです……
 そして古酒部分とくどき上手部分の融合が進んで、酒質のまとまりが良くなってきた気がします。
 酸味も柔らかいなぁ。
 開栓直後は結構クセがありましたが、時間経過と共に飲みやすさが上がってきました。


2013年01月06日追記――
 アルコールの香りが若干増加。

 アルコール感と苦味が若干増。
 若干しっとり、そしてキリッとした雰囲気が強く。
 これまでとは違う方向に少しクセが出てきたかも。
 まだ悪くないですが、もう少し経つと危ないかもしれません。
 個人的に開栓後は一、二日置いてから飲み始め、そこから二、三日で飲みきるのが良い気がします。
 ……いや、その辺りは個人のお好みで!
 古酒らしい古酒、と言うか結構重たい感じの古酒がお好きな方でしたら初日からガンガン行くのがお勧めですし。
 なかなかに難しい酒ですね……
 とりあえずめでたい席で飲む酒としては少々マニアックに過ぎました……


1887047243_25.jpg tag : 純米大吟醸 亀の井酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。