スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八海山 貴醸酒 2012

 第667回目。
 「八海山 貴醸酒 2012」――新潟県の酒です。
 東京駅の地下で見かけて即購入しました……まさか八海山に貴醸酒があったとは!
 そして今調べたのですが、通常の貴醸酒がある程度熟成させてから出荷されるところを、この酒はフレッシュな状態のままで出荷されるそうです。なるほどそういう差別化もアリなのか……
 自家熟成してから飲んでも問題なさそうなので、一度試してみても良いかも知れませんねー
 ……しかし、このブログでの八海山は四年前に生原酒を扱ったきりなんですよね。しかも今回もまた特殊な感じ、と。
 居酒屋などではよく見かけるので時々飲んでいるのですが……
 うん、四年前に書いたことを今年こそは実行――出来たら良いなぁ。
 ……とりあえずスタンダードな所を何かしら飲みますよ!ええ、きっと!

(飲み始め:2013年02月17日)

 しっとりとした濃く甘い香り。
 蜜を思わせる香りもほんのりと。

 貴醸酒らしくはっきりとした、それこそ蜜のような甘味が、舌と口内全部をトロリと撫でていきます。
 甘味を追うのはポテッとした旨味に、結構はっきりとしたアルコールの風味。
 甘味は強いながらも、アルコールの風味がキリッと自己主張しており、さらにベタベタした感じも余りないため、それほど重たさは感じません。
 個性に大きな差が出にくい貴醸酒として見ると、この酒もその大枠からは外れてはいませんが、きっちり丁寧に造られている感じが伝わってくる、気がします。
 あとは何よりもお手軽なのが良いですねー
 300mlとは言え840円なのでサクッと買えます!
 食前酒にも良いかも。

データ――
 原材料 米、米麹、清酒
 アルコール度 16.5%
 仕込み年度 2012年
 製造年月日 13.01.31
 八海醸造(株)


2013年02月18日追記――
 若干香りは大人しく。

 お、飲み口が軽快に!
 甘味がわずかに弱くなり、酸味とアルコールの風味が若干増加。
 ……む、飲んでいる内に甘味がはっきりとしてきますね。
 ただやはり初日よりも軽快です。
 うん、良い感じですね~

 甘い物と合う!


2013年02月19日追記――
 香りは余り変わらず。

 アルコールの風味が増加。
 はっきりとした甘味とキリッとしたアルコール感が同居。
 口当たりは少々ピリリと。
 少しだけ飲み口が尖ってきました。


2013年02月21日追記――
 若干香りにペタッと感?
 旨味を感じさせる香りも若干増。

 旨味と酸味、ピリピリとした刺激感が若干増加。
 飲み口はしっとり、そして若干重量感が出現。
 ただメインの甘味が強いので、気にしなければそれほど問題じゃない、かも?


2013年02月23日追記――
 お、香りは落ち着いて若干控えめになった気がします。

 アルコールの風味と刺激感、苦味が若干増加。
 濃く太い甘味にそれらが絡む感じです。
 前回と同様、甘味の強さ故に、気にしなければそれほど気になりませんが、やはり少々雑味が増えて綺麗さは減ってきました。


1893060109_57.jpg tag : 八海醸造 その他

コメント

非公開コメント

No title

古酒/しょうゆ/紹興酒的な風味はまだ出ていないのでしょうね。いちど飲んでみたいです。

Re: No title

のみすけさん、こんばんは。
クセが無くて飲みやすいですよ~
……クセがあるのもまた良いのですけども(笑)
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。