スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華鳩 清盛 濃厚芳醇 平安濁酒 貴醸酒 23BY

 第670回目。
 「華鳩 清盛 濃厚芳醇 平安濁酒 貴醸酒 23BY」――広島県の酒です。
 貴醸酒のにごり酒ですよ!これはもう買わずにはいられませんでした!
 で、この「平安濁酒」ですが、ラベルに書かれた文章をそのまま書き写しますと――
 「平安初期に編修された延喜式(西暦九二九年)には、御酒の製法等、平安時代の酒が詳しく述べられています。当時の濃厚芳醇な甘口酒を想像しながら、濃厚貴醸酒の手法で、平安時代の酒を再現させるよう醸造を試みました。」
 ――とのことです。
 ……想像力って重要ですよね!
 何にせよ、なかなかに強烈な感じの酒質なので、決して万人向けの酒ではありませんが、甘口の酒がお好きな方でしたら、チェックしてみるのも良いと思いますよ~
 では本文をば!

(飲み始め:2013年02月28日)

 お、わずかに発泡してますね。
 まずは上澄みから。

 この香りは……バナナケーキに米、若干アルコール?
 穏やかな甘い香りです。

 んー、甘旨酸っぱい!
 口当たりは滑らかで、ハッキリとした濃厚な甘味と旨味が、炭酸由来の酸味に少しだけ引き締められつつ、そのまま口いっぱいに広がります。
 うん、甘味は強いですが、爽やかさもあって飲みやすいですね~
 これは混ぜてからも楽しみです……

 では、続いて混ぜて。
 香りは余り変わらず。

 おお、これは!
 旨味、酸味、甘味がさらに増加。
 米の風味が大幅増。
 濃厚です!
 上澄みのみと比較すると甘味の割合は若干低下しています。
 バランスはこちらの方が上かな?……いや個人の好みかも。
 後口には若干渋味。
 あー、甘い酒が苦手な方には絶対に勧められませんが、これまた飲みやすくて良いですね~

 食べ物と合わせるなら甘い物と。
 食前酒や食後酒としても良さそうです。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、清酒(純米酒)
 精米歩合 65%
 アルコール分 13度
 日本酒度 -54
 酸度 2.6
 製造年月 12.08
 榎酒造(株)


2013年03月01日追記――
 最初から混ざった状態で。
 旨味を感じさせる香りが増加。
 若干香りは一般的なにごり酒寄りに。

 アルコールの風味と酸味が若干増加。
 濃厚な中にキリッとした雰囲気も少々。……まあ基本はかなりの甘さですが(笑)
 そして初日の混ぜ方が足りなかったのか、さらににごり部分の比重が増した気がします。
 ううむ、炭酸に遠慮するべきではなかったか……


2013年03月02日追記――
 甘味と旨味を感じさせる香り。
 若干甘酒とバナナ風の香りも?

 旨味に加え、アルコールの風味と酸味がさらに若干増加。
 反対に甘味は若干減少?
 うん、ズシッとした飲み口です。……物理的に(笑)


2013年03月04日追記――
 甘酒風の香りが若干増加。

 アルコールの風味と酸味、甘味が若干増加。
 なかなかにアルコール感が強くなってきました。
 雑味もじわじわと増えてきています。


2013年03月06日追記――
 重量感のある米の香り。

 アルコールの風味がさらに増加し、強い甘味と衝突。
 ずっしりとした口当たりから、ジワーッと染み渡ります。
 結構強烈に尖った飲み口ですねー
 もっと早く飲んだ方が旨いです。
 開栓後は少なくとも二、三日以内に飲みきりましょう!


1894266221_194.jpg tag : その他 榎酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。