スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手取川 一号しぼり 大吟醸生原酒無濾過

 第675回目。
 「手取川 一号しぼり 大吟醸生原酒無濾過」――石川県の酒です。
 以前書いた通り、一号しぼり四本セット(?)の最後の一種類になります!(田酒南部美人國権)
 売り切れそうになっていたのを慌てて購入しました(笑)……私はいつもこんな感じですねー
 そしてもう時期的にも一号しぼりがどうとか――と毎度の話はともかく……
 しかしこうやって一見接点の無さそうな酒蔵が共同で企画を行うと言うのは面白いですよね。
 またどこかで似たような企画があると嬉しいかも!……問題は私の低いアンテナに引っかかるか、ですが。
 ……何にせよ、本文をどうぞ!

(飲み始め:2013年03月14日)

 しっとり穏やかな甘い香り。
 もっと早く買っていたら、もっとフレッシュな感じの香りだったのでしょうか?

 しっとりと、若干濃いめの口当たり。
 ……おお!それでいて綺麗さもあって、捌けはなかなかに良いですね~
 味わい的には濃いめの甘味と旨味がメインで、それらを酸味が軽く引き締めています。
 後口には軽めの渋味。
 若干の刺激感も良いアクセントです。

 食べ物とは甘味が干渉。
 合わせるなら甘い物と。

データ――
 原材料名 米、米こうじ、醸造アルコール
 精米歩合 45%
 アルコール分 18度
 製造年月 2012.12
 平成24年11月21日検定
 (株)吉田酒造店


2013年03月15日追記――
 アルコールの香りがわずかに増加。

 アルコールの風味と刺激感が増加し、結構キリッとした雰囲気が出現。
 味の濃さとそれらが同居。
 少々印象は変わりましたが、悪くない感じです。


2013年03月16日追記――
 香りは若干控えめに。
 ほんのり蜜風の香りも?

 旨味が若干増え、反対に甘味は若干減少?
 味の濃い感じも含め、全体的にしっとり落ち着いた印象です。
 刺激感は若干。
 なかなかに激しい変化ですね~


2013年03月18日追記――
 アルコールの香りが若干増加し、しっとり感も増加。

 香りと同様にアルコールの風味が若干増加。
 うん、全体的にさらに落ち着いた飲み口になってきました。
 味の濃さも薄れた印象。
 悪くない……


2013年03月20日追記――
 しっとり甘いアルコールの香り。

 む、ピリピリとした刺激感が増加。
 アルコールの風味と苦味も若干増。
 味の濃さがさらに薄れたためか、全体的に結構味が増えた印象です。
 バランスも少々悪く。

 開栓後は三日ぐらいかけて変化を楽しみながら飲むのがお勧め、でしょうか?
 あ、初日の感じが気に入った方はその日の内に是非!


1895832734_207.jpg tag : 大吟醸 吉田酒造店

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。