スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松竹梅白壁蔵 三谷藤夫 山廃純米 (2012年9月分)

 第678回目。
 「松竹梅白壁蔵 三谷藤夫 山廃純米 (2012年9月分)」――兵庫県の酒です。
 約四年前に飲んだ酒にリベンジです!
 何だか前書きで結構尖ったこと書いてますねー……当時読んだ本の影響が非常に強く見られます(笑)
 ちなみに最近の考えは、パック酒はパック酒でアリっちゃアリ、かな?……まあ積極的に飲んでいる訳ではないのですが。

 ……余計な話はともかく、本文をどうぞ!
 あ、前回も一緒に買って、飲む前に駄目にしてしまった吟醸にも近々リベンジします!

(飲み始め:2013年03月22日)

 穏やかな米と酒の香り。
 ごくわずかに熟成感も?

 口当たりは結構軽快で若干スッキリ。
 口に含んだ瞬間にスルリと舌から口内全体にかけて酒が広がり、そこから軽快さのある旨味と酸味が、わずかな刺激感と共に、ポンと、そして若干涼しげに舌を撫でてきます。
 うん、飲みやすいですね~
 落ち着く味わいです。

 常温。
 酸味が増加し、若干辛口寄りの飲み口に。
 そして冷えた状態よりも口当たりが若干しっかりしてきました。

 ぬる燗。
 ああ、良いですね!
 甘味と刺激感が若干立ち上がり。
 飲み口はより濃く、そして穏やかに。
 これは旨い……
 スイスイ幾らでも飲めそうです!
 和むなぁ……

 食べ物とも合う!

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 五百万石100%
 精米歩合 60%
 アルコール分 15度以上16度未満
 日本酒度 +2
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.4
 使用酵母 自社保有酵母
 製造 2012.9
 宝酒造(株)白壁蔵


2013年03月23日追記――
 若干香りは丸く、太く。

 お、香りと同様に口当たりや味わいも若干濃く、しっとりとしてきました。
 刺激感も若干増加。
 初日の常温に近づいた感じかも。

 常温。
 冷えた状態の変化が、そのまま上乗せされた感じですねー
 渋味もわずかに増加。

 ぬる燗。
 酸味が立ち上がりました。
 そして刺激感も若干増。
 初日よりも味が多い印象に。
 初日は断然ぬる燗でしたが、今日の感じだとちょっと迷いますねー


2013年03月24日追記――
 旨味を感じさせる香りとアルコールの香りが若干増加。

 アルコールの風味が増え、少し口当たりはキリッと。
 全体的に若干味が増えてきました。

 常温。
 増えた味わいがより鮮明に。
 苦味や渋味などの雑味も強く。
 ただ、これはこれで……

 ぬる燗。
 む、アルコールがピリピリとした感じに。
 若干バランスが尖ってきました。


2013年03月26日追記――
 やはり旨味を感じさせる香りとアルコールの香りが若干増加。
 濃くしっとりとした香りに。

 アルコールの風味と刺激感、酸味が増加。
 少々雑多な味わいも。

 常温。
 ううむ、冷えた状態の雑多さや刺激感が強く。
 少々クセが出てきましたねー

 ぬる燗。
 ピリピリとした辛口感。
 結構尖った印象も。


2013年03月28日追記――
 香りはあまり変わらず。

 旨味と甘味に絡む、酸味とアルコールの刺激感、若干苦味。
 後口にはエグみも少々。
 やはりジワジワと味が増えていますが、これはこれで悪くない感じです。

 常温。
 前回の印象と余り変わらず。
 ただ食べ物と合わせたら余り気にならない感じです。

 ぬる燗。
 んー、ピリピリとした刺激感が強いです。
 これは温めない方が良いですね……

 開栓直後からしばらくは温めて飲み、数日経ったら冷やして飲むのが、お勧めです!


1896693546_212.jpg tag : 純米 宝酒造

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。