スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒牛 中取り純米吟醸生原酒

 第78回目。
 限定品の黒牛です。
 「中取り」ですがやはり黒牛らしくガツンと来る酒でした。

(飲み始め:2008年11月02日)

 もたもたしていたら日付が変わってしまいました……
 本日は和歌山県の酒――「黒牛 中取り純米吟醸生原酒」です。
 限定品の中取りですよ!……通常の純米吟醸を飲んでいないのに大丈夫でしょうか。

 しっかりとした酒の香りに青リンゴ系の香り。少々バナナ系の香りも。

 濃い――しかし純米とくらべると若干スッキリしている気がします。
 まずは酸味が口内を巡り、続いて旨味と甘味がワッと広がります。
 徹頭徹尾強めの酒質で、喉ごしも濃い感じ。そして後口にはエグみも。
 多少人を選ぶ酒質だと思いますが、これが自分たちの酒だ!と強烈に自己主張しているかのような味わいには、一種の潔さと爽快さすら感じます。うーん、濃い!

 む、食べ物とは余り合わず……
 強めの甘味が干渉するので結構エグく感じてしまいます。
 おお、ナッツやチーズのような食べ物とは少し合いますね。
 クリームのようなコッテリとした甘い物とも少々。……でもスポンジ部分は駄目か。

 燗――
 少々エグみと渋味が立ちますが甘味が強調されて面白い味わいに。
 好きな人は好きかも?……私は冷酒の方が好きですけども(笑)

 ……やっぱり食べ物と合わないと量が飲めませんね。
 悪く無い酒ではあるのですが……変化に期待します。

データ――
 アルコール分 18度以上19度未満
 原材料名 米、米こうじ
 原料米 山田錦
 精米歩合 50%
 使用酵母 協会9号系
 日本酒度 +2.0
 酸度 1.7
 アミノ酸度 1.0
 製造年月 20.5.
 (株)名手酒造店


2008年11月03日追記――
 濃い酒の香りと米の香り。

 アルコールの味わいが少々増加。
 全体的に濃くなったような、さっぱりしたような不思議な変化。
 トータルでは極端に変化していない印象。


2008年11月07日追記――
 香りは若干スッキリした反面、濃くなったような印象も。

 酸味が広がって捌けた後、しっかりとした旨味と甘味が舌の上で自己主張。
 その次にまた酸味が現れ、最後に渋味を残して消えていきます。
 しかし濃さはあるものの以前よりスッキリしており、大分飲みやすくなった印象。

 明日がラストかな?
 食べ物と合わせてみます。


2008年11月08日追記――
 やはりスッキリと飲みやすくなっています。
 食べ物との相性も大幅改善!うん、これはなかなか。
 特に甘みの強い物と良く合いますね。

 量を飲むと次第にクドく思えてきますが、少しだけ温めると酸味がフワリと立って甘味などを抑えてくれるようになります。これは良い感じ!
 ああ、和む。

 やはり初日が重ための酒は、時間を置くと飲みやすくなりますね。

 黒牛では古酒とか造らないのかな?


982392173_254.jpg

 ――
 やはり今のように1週間ほどかけて追記していく方式だと更新頻度に限界がありますね。
 ……まあ、それを止めてしまうと、このブログのせっかくの個性が失われてしまいますけども(笑)
 無理せず更新していきますので、まったりとお付き合いくださると幸いです。


 お気に召しましたら↓リンクのクリックにご協力を~

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 名手酒造店

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。