スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯楽星 純米吟醸

 第92回目。
 本文中にも書きましたが、派手さは無いものの非常にじっくりと飲ませてくれる酒です。
 目標とする酒質をしっかりと見定めて造られている上に、劣化を防ぐためしっかりとした管理が出来る酒販店のみに販路を限定しているそうです。
 これは本当に素晴らしい……やはりどんな酒も最高の状態で飲みたいですからね~
 ……で、色々と調べている内にこの会社を応援したくなってきました(笑)
 今後も是非頑張って頂きたい所です!

(飲み始め:2008年12月01日)

 宮城県の酒です!
 「伯楽星 純米吟醸」
 ラベルの情報によると「究極の食中酒」を意識したとのこと。
 これを先に読んでおかなかったため、飲んでみて結構驚きました。

 さて――
 スッキリとした甘い米の香り。それほど強くはないですが綺麗な香りです。

 ふっくらとした酸味に米の旨味。含み香はパンや味噌のような発酵食品を思わせる香り。
 派手さは無いですが非常にまったりと飲めますね。

 食べ物との相性は抜群。横からスッと手を差し伸べるかのような味わいです。
 おお、何にでも合わせられますね!これは凄い!

 燗――
 温度高めのぬる燗が、酸味と渋味は立つものの結構バランスが良いです。
 燗冷ましもまったりと飲めて良い感じ!これはなかなか!
 ……まあ冷酒の方が飲みやすくて旨いんですが。

 甘い食べ物とも良く合いますし、脇役として非常に素晴らしい酒でした!
 こういう酒は幾らでも飲めるから困りますね(笑)
 酔ったー

データ――
 原材料名 米、米麹
 原料米 蔵の華
 精米歩合 55%
 アルコール分 16度
 日本酒度 +3.0
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.3
 製造年月 20.7.
 (株)新澤醸造店


2008年12月03日追記――
 少しだけ酒の香りが濃くなりました。

 腰の強い酸味と旨味。口当たりはまろやかでじっくりと飲める味わい。
 やはり良い酒です。そして全く崩れていません。
 まったり飲める酒は良いですね~


2008年12月07日追記――
 ヨーグルト系の甘い香り。

 口に含んだ瞬間に甘味が少々、続いて強めの酸味、旨味。
 ……むむ、渋味やエグみが出てきましたね。
 極端に崩れてはいませんが、なるべく早めに飲む方が無難かな?

 食中酒としてじっくり楽しみたい方にお勧めです!
 良い酒でした。


1010962771_172.jpg

 ↓お気に召しましたらクリックにご協力お願いします。

 にほんブログ村 日本酒・地酒 にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 人気ブログランキング(お酒・ドリンク) banner_04.gif
tag : 純米吟醸 新澤醸造店

コメント

非公開コメント

はじめまして

随分前の日付にコメントしてしまい申し訳ありません。
私は栃木県出身なので、筆者?様が 栃木県の酒を高く評価しておられて 凄く嬉しいです。
所で 天鷹 は飲まれましたか? まだならぜひ飲んでください。 天鷹も、かなり食中酒として優れていると思います。まあ私は一番高い「吟翔」が好きですが、大吟醸でも、全く食べ物とケンカしません。最近は 有機純米吟醸 や 有機純米大吟醸 など興味を引く物も出ています。ぜひ。

Re: はじめまして

ブリリアントさん、初めましてこんばんは。
栃木は上り調子の蔵が多くて素晴らしいですよね!
……私は以前、栃木に住んでいる方に「栃木には良い酒が余り無い」という発言をされ、思わずムキになって反論してしまいました(笑)

天鷹ですね、情報ありがとうございます。
普段購入している酒販店では扱いが無いようなのですぐにとはいきませんがいつかチェックしてみます。

お返事ありがとうございます

kutataさん ありがとうございます。栃木の酒を ムキになって反論するほどひいきにして下さり 本当に嬉しいです。栃木は水が美味しい所が多いですからね。松の寿 の塩谷町には 尚仁沢という名水がありますし。
天鷹は 昔からの実力蔵ですが、辛口の酒のみで、今風の甘口やフルーティーといった流れからは外れているかもしれません。
しかし、日本酒は、食べ物に合ってこそ ワインに勝てる酒だと思うので 天鷹を好んでいます。ちょっと高いですが、吟翔を飲んだ時は本当に感動しました。まあ それまでは安い酒しか飲んだことがなかったせいもあるんですが・・・
「国造」という純米酒も なかなかいいです。
まあ 私の拙い説明より 天鷹酒造で検索すると、商品について かなり細かいデータが出ていますので そちらをお勧めします。
今は 有機系を飲んだことが無いので、飲んでみたいです。

Re: お返事ありがとうございます

私は日本酒の一番の魅力はその多彩さにあると思っているので、やはり流行を追う蔵と独自路線を貫く蔵の両方があって欲しいですね。どちらも好きですし(笑)

貧乏性のため、高い酒には手が伸びない上に、買っても勿体なくてなかなか開けられなかったりするので、とりあえず最初はそこそこの値段の物から挑戦してみようと思います!
「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。