スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金鼓 濁酒 伝承水もと仕込み

 またまた番外編です。
 今回の酒は、昔ながらの水もと仕込みで造られた物とのこと。
 この水もと仕込みというのは、他所で作った酸性水(ソヤシ水)を利用して酒を醸す手法なので、現在の速醸もと仕込みの原型とも考えられている手法ですね。
 まあ、そんなウンチクはともかくとして、本文をどうぞ~

(記述日:2008年12月14日)

 2日続けて奈良県の酒です。
 「金鼓 濁酒 伝承水もと仕込み」
 そしてまた活性濁り酒だったりします。

 ――
 昨日のトラウマがあるのでさらに慎重にいきます……本当に少ししか開けない感じで……
 細かい泡が筋のように、濁りの部分から何本も立ちのぼります。
 よしよし良い感じ!…………!?
 あんれ?液面が既に蓋まで?そして放置しても液面が全く下がらないなー
 ……そっかー、結局駄目かー
 …………チキショウめ!(泣)
 でも昨日よりはロスを少なくしてやる!
 うう、スクリューの隙間から酒が湧き出してくる……あー、やっぱり無理だ……
 ……もう負けで良いです。

 吹きこぼれが止まりません……
 今日はトータルでどれぐらいロスるのか……
 ……結局100mlぐらいロスりました…………どうすりゃ良いんでしょう?

 さて――
 甘いフレッシュな、濃厚な香り。
 うわ、見た目が米そのものですね……

 酸味、甘味、旨味……米粒の旨味、甘味、微妙にエグみ。
 これは……米だ……
 しっかりと米そのものの食感が残っています。しかも結構固い。
 言うなれば水に浸した生米?蒸してあるのでしょうか?
 そしてアルコール度数が低めなせいか、酒を飲んでいる感覚が弱めですね。
 まさに食べる酒?……うん、なかなかに旨い。
 ただ、開栓時に抜けてしまったのか、炭酸は余り強くない感じです。

 食べ物との相性は悪くはない……ですが、この米粒がだんだんとキツくなってきました。
 重た過ぎる上に、食感と味が食べ物と余り合わない……必然的に瓶の底に溜まってますし……
 最後の方は液体は全部飲んだもののギブアップ……もう食べられません……

 開栓時のロスと、大量の沈殿した米粒で飲める部分が少ないですね……
 しかもアルコール度数が低いので、ほぼ一本飲んだにも関わらず余り酔いませんでした。
 なかなか旨いのですが、飲むためには非常に労力を要しますので、色々とツラいです……
 さすがに開栓開始から20分かけても炭酸がまるで抜けないのにはヘコまされました……

 あ、でも今度は他にも色々と飲んでみますよ~

データ――
 原材料名 米、米こうじ
 アルコール分 12度以上13度未満
 原料米 岡山県産アキヒカリ
 精米歩合 70%
 日本酒度 -30
 前後酸度 3.0前後
 アミノ酸度 3.0前後
 酵母 自社蔵付き酵母
 もろみ日数 14~15日
 製造年月 20-11
 (株)大倉本家


1023020158_142.jpg
tag : その他 大倉本家

コメント

非公開コメント

「Save The 東北の酒」
Save The 東北の酒
全記事表示リンク

全ての感想を一覧で表示

このブログについて
開栓後の味や香りの変化にも注目した日本酒ブログです。
ただし感想はあくまでも主観的な物なのでご理解の程を。
「旨い酒から変わった酒まで、全ては興味の赴くままに?」

※記事に関係の無いコメント等は削除する可能性があります。ご了承ください。
――
ご用の方は下記アドレスまでご連絡を。
kutatasake●gmail.com
※(●を@に置き換えてください。)
――
ブログへのリンクはご自由にどうぞ!
都道府県別感想
特定名称区分別・会社別感想
 純米大吟醸大吟醸
 純米吟醸吟醸
 特別純米特別本醸造
 純米本醸造
 普通酒その他
 区分不明

 
ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事



etc
プロフィール

kutata

Author:kutata
日本酒大好き。
評価の高い酒を見ると、思わず飛びついてしまう習性有り。
酒はある種の芸術品だと思っています。


――
お気に召しましたらクリックにご協力を~
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ banner_04.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。